ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界一美しい海岸線は空から見るのがベスト! オーストラリア“グレート・オーシャン・ロード”の絶景に圧倒される

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


世界一美しい海岸通りと言われる“グレート・オーシャン・ロード”。オーストラリア南東のビクトリア州沿岸を通っていて、メルボルンから南西に約90km、サーフィンのメッカでもあるトーキーからアランスフォードまで、約260㎞に渡って続く海岸道路です。建設は第一次、第二次世界大戦間の大恐慌の時期に、帰ってきた仕事がない兵士のために政府がこの道路の建設を計画。人力でコツコツと16年かけて完成させたというから驚き。道の途中には、つるはしを持った作業員の銅像も見ることができます。

※すべての画像入りの記事は下記URLからご覧ください
http://getnews.jp/archives/683304




グレート・オーシャン・ロード沿いにはいくつかのビーチがあったり、滝や野生のコアラが見られるポイントなど、途中の寄り道スポットもたくさん。


オーストラリアは日本と真逆の気候なので、9月10月頃が春。その時期は1日中、雨が降ったりやんだりと天候が不安定ですが、虹が出ることも多く、海岸線にかかる虹を見ることができます。

上空から絶景を満喫するエキサイティングな体験

美しい海を見ながらのドライブも気持ちいいのですが、やはり最大の見所はポート・キャンベル国立公園から見える“12使徒”とよばれる奇岩群。この奇岩群と海岸線を上空から見下ろすことができる“ヘリコプター遊覧”はぜひメルボルンに行ったら観光プランに入れてほしいツアー。



目の前に現れた真っ赤なヘリコプターはカッコイイ! 乗り込むとすぐにシートベルトを締めて、あっという間に浮いていました。本当に3秒くらいでフワッと飛び立ち、海岸を足元に望む旅へ。


海岸線が見えてくるとすぐに奇岩群が現れ、ここが一番の撮影ポイントなので、うっかりしていられませんよ。


砂浜でなく、切り立った断崖絶壁が続く海岸線は、くっきりと大陸の形が見て取れます。打ち付ける高波が断崖で弾け真っ白に散っていくさまは圧巻! まるで断崖から白い煙が吹き出ているよう。大自然の迫力を感じることができます。



オーストラリアのどこまでも続く大陸、一方、反対側を見ると、どこまでも続く水平線。上空から眺めることができるなんて、なんとも贅沢です。


フライト時間は一番短いコースで15分、145オーストラリアドル。少し値は張りますが、グレート・オーシャン・ロードに行くならこの眺めを体験して欲しいです。初めてヘリコプターに乗ったのですが、揺れもなく、とっても快適なフライトでした。同じく初めてヘリコプターに乗ったという高所恐怖症の40代男性がいたのですが、降りてくると大興奮! 「絶対体験したほうがいい!」と強く断言していたほど。

ヘリコプターから降りた後は、公園内を通り、海岸と奇岩群を間近で見られる場所に歩いていきます。


間近で見る断崖とそびえ立つ奇岩群……デカい! 


この日は風が強く寒かったのですが、目の前にした雄大な景色に、「来てよかった!」と思いました。サイズ感を比べられる対象が周りにないので、写真で伝わらないのが本当に残念です。



正直、来る前に写真で確認したときは、まったく期待していませんでした。しかし実際見てみると、目の前に迫る圧倒的なスケールの大きさと断崖の美しい地層、そして波打つ海の絶景に心が洗われます。これが、自然に波と風雨が長い歳月をかけて創り上げた風景だなんて、本当にすごい。

ポート・キャンベル国立公園まではメルボルンから車で4時間くらいかかるので、グレート・オーシャン・ロードを見て回るのは一日がかりの観光ツアーになってしまいます。それでも、行ってみれば人気のツアーの意味がわかるのではないでしょうか。

ビクトリア州HP:
http://jp.visitmelbourne.com/Regions/Great-Ocean-Road.aspx[リンク]

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP