体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Google、Android新バージョン“Android 5.0(Lollipop)”を正式発表、Nexus 5 / 7 / 10はアップデート確定、Android SDKは10月17日にリリース予定(更新)

米Google は現地時間10月15日、Android OSのメジャーアップデート版となるAndroid 5.0‟Lollipop”を正式に発表しました。コードネーム名は当初より候補として噂されていた“Lollipop”でした。

Android 5.0は同日発表された『Nexus 6』、『Nexus 9』、『Nexus Player』(Android TVとして)にプリインストールされるほか、既存の『Nexus 5』、『Nexus 7』(たぶん 2013 年モデルだけ)、『Nexus 10』、『Google Play Edition』端末に数週間中に提供されます。『Nexus 4』はサポートされませんでした。Android 5.0 用の Android SDK は 10 月 17 日にリリースされる予定です。(更新:『Nexus 4』もアップデートされます

Android 5.0 における変更内容はこれまでのバージョンアップの中でも最大規模。スマートフォン、タブレット、テレビ、スマートウォッチのそれぞれで一貫したインターフェースで利用でき、それらがシームレスに連携するような変更が施されたほか、パフォーマンスの向上やバッテリーの持ちの改善に関する変更も施されました。新APIだと5000も追加されているそうです。

・ Android “L”リリースにおける変更のポイント(インターフェース
)・ Android “L”リリースにおける変更のポイント(パフォーマンス編)

“Material Design”の導入
Android 5.0 の最大の特徴と言える “Material Design” は、インクと紙をモチーフにしたアプリやウェブの新たなデザイン方式のことです。

通知の刷新
通知の表示スタイルが『Google Now』のようなカードスタイルに変わり、ロック画面上にも表示されるようになりました。また、フルスクリーン時に通知を確認できる「Head Up」も追加されています。

新アニメーションの追加
アプリ内のUI要素が操作内容によって新しいアニメーションと共に独立して動くようにすることができ、タッチ操作時にもアニメーションを適用できるようになりました。

Nexus用のブートアニメーション刷新
『Nexus』スマートフォン・タブレットでは起動時にオシャレなブートアニメーションが再生されます。

新しい「Recent」パネル:
最近起動したアプリの履歴はスタック式に変わり、『Chrome』ブラウザなどは開いたタブもひとつのタスクとして切り替えることも可能になりました。

ART ランタイムのデフォルト化
アプリのデフォルトランタイム(仮想マシン)がこれまでの「Dalvik」から「ART」に変更されました。アプリの実行方式が変わることで、アプリの起動時間の短縮や実行性能の向上、アプリの処理にかかるCPUの利用時間も短縮されることから、バッテリーの消費量の削減にも期待できます。

64bit CPU のサポート
Android 5.0ではARM64とx86-64の64bit命令セットに対応しました。アプリの実行性能やマルチタスク性能も向上するとみられます。

ゲーム性能の改善
PC 向けのグラフィックスAPIを利用できるようにする「Android Extension Pack」が提供されます。

1 2次のページ
juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。