ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

新規格大容量ブルーレイディスク対応BDレコーダー シャープから発売へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

AQUOSブルーレイ

シャープは、ブルーレイディスク(BD)の新規格『BDXL』に対応したディスクドライブを搭載した、世界で初めての録画・再生BDレコーダー『AQUOSブルーレイ BD-HDW700』『同 BD-HDW70』を、7月30日からオープン価格で発売します。BDXLは、従来BDでは2層(50GB)までだったデータ記録層を3層/4層構造へ多層化し、BD1枚あたりの記録容量を拡張(3層式:100GB、4層式:128GB)する規格です。

本機は、『ブルーレイ3D』のディスク再生に対応しており、3D対応テレビに接続することで、臨場感あふれる3D映像を再生できます。また、『サラウンド音声出力』に対応したヘッドホン端子を搭載していますので、臨場感あふれる迫力のサラウンド音声をステレオヘッドホンでも楽しめます。さらに、映像データを高画質で長時間録画できる独自の映像圧縮方式『新トランスコーダー』を搭載しており、最長約10倍の長時間モードで2番組同時にフルハイビジョン録画が可能です。

このほか、『スカパー!HD録画』およびケーブルテレビ(CATV)のハイビジョン録画や、本機に録画した番組をLAN回線を使って別室の液晶テレビ『AQUOS』でも再生できる『ホームネットワーク機能』にも対応するなど、周辺機器との連携機能も充実しています。

VR-100BR1

『AQUOSブルーレイ』に使用できる、BDX対応の3層式ブルーレイディスクメディア『VR-100BR1』も同時に発売します。こちらもオープン価格です。従来の2層式BD(50GB)と比べて2倍の記録容量(100GB)を実現しています。地上デジタル放送を約12時間、BSデジタル放送なら約8.6時間録画することが可能です(録画モードの設定や、録画する映像の内容などにより、録画時間は異なります)。

■関連記事
業界初! 東芝から3D対応ブルーレイ再生機能を搭載したノートPC『dynabook TX/98MBL』発売へ
海外のブルーレイ作品が日本で再生できるかどうか判別できるサイト
買う前にチョット待て!「3Dテレビの落とし穴」見落としていませんか?

tukishimaの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。