ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

トリアー監督最新作より過激すぎる本編映像解禁! これは女子版『劇場版 テレクラキャノンボール』!?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


『ダンサー・イン・ザ・ダーク』『アンチクライスト』『メランコリア』など、観る人をグッタリさせるなら右に出る人はいない、デンマークの鬼才ラース・フォン・トリアー監督。最新作『ニンフォマニアックVol.1/Vol.2』の、『ニンフォマニアック Vol.1』がいよいよ今週末10月11日より公開となります。

次々と問題作を世に送り出す、ラース・フォン・トリアー監督が次に選んだテーマはズバリ「女性のセクシュアリティ」。『アンチクライスト』『メランコリア』に続いてトリアー監督作に出演するシャルロット・ゲンズブールが、主人公のジョーを文字通り体当たりで熱演。8つの章を2部作に分け、強い性的欲求を抱えた女性の半生を描きます。

過激な性描写が話題となっている本作ですが、色情狂の女性ジョー(若いときシャルロット・ゲンズブール、その後シャルロット・ゲンズブール)と、童貞で書物が世界の全てである老人・セリグマン(ステラン・スカルスガルド)との滑稽なやりとりも見応えがあると評判。滑稽な人間の本質に迫った監督の演出にもぜひ注目を。

今回、Vol.1本編より一部の映像が解禁。性に目覚めた、若かりしジョーが幼なじみの女の子B(ソフィ・ケネディ・クラーク)と共に、長距離列車の中で目的地に着くまでにより多くの男性とセックスできるかを競う場面です。

この設定は大ヒットを記録した『劇場版 テレクラキャノンボール』の女子版と言っても過言ではありません! 『劇場版 テレクラキャノンボール』は、アダルトビデオ監督のカンパニー松尾さんが、自身が愛するバイクとテレクラを同時に楽しみたいという動機から企画した成人向けロードムービードキュメント。

何がここまで彼女たちをかき立てるのか? 切符も持たずに男たちを虜にして、行為に及ぶ場面は是非劇場で。

動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=jW9ONDhskj4

『ニンフォマニアックVol.1/Vol.2』
http://www.nymphomaniac.jp/

(C)2013 ZENTROPA ENTERTAINMENTS31 APS, ZENTROPA INTERNATIONAL KOLN, SLOT MACHINE, ZENTROPA INTERNATIONAL FRANCE, CAVIAR, ZENBELGIE, ARTE FRANCE CINEMA

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP