体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オーストラリア・メルボルンにはリーズナブルな直行便で! ファッショナブルな街と雄大な自然を楽しむ“ぜいたく大人旅”を体験

visionsofvictoria1419832-305

夏日も少なくなり、少し肌寒くなってきました。これからの季節、旅行には暖かい地域に出かけたいものですよね。日本が寒い時に暖かい地域といえば南半球、オーストラリア! 観光地といえば大都市シドニーがメジャーですが、最近ではオーストラリア第二の都市、メルボルンも魅力的。といっても、オーストラリア自体が遠いし、メルボルンって日本から行くのが面倒そう……。そう感じる人もいるのでは? しかし実は日本から直通便が出ているので乗り換えもなくて楽々行けちゃいます。

メルボルンへの飛行時間は成田空港から約10時間。さすが南半球、ちょっと遠いです。でも着いてみると時差はなんと1時間しかない! 時差に悩まされる心配がありません。日本が朝7時の場合、メルボルンは朝8時。日本より時間が進んでいる地域って珍しいですよね。

また、遠いと飛行機代が気になるところ……。ですがLCC(ローコストキャリア)のジェットスターで行けば片道2万9000円、普通だったら何十万もかかるビジネスクラスでも片道7万円からというリーズナブルさ! 宿泊もセットになったツアーで申しこめば更にお得に。なんだかオーストラリアも身近に感じてきて……さらっとオーストラリア・メルボルンへ行ってみました。

※すべての画像入りの記事は下記URLからご覧ください
http://getnews.jp/archives/679673

飛行機

お昼間12時の便で成田を飛び立ち、着いたのは夜の12時。もちろんホテルへ直行! フライトで疲れた身体を休め、次の日から観光を楽しむことができます。チェックインを待たなくていいし、疲れた身体で観光をしなくていいので、この便はイチオシ。

1 2 36

また、航空券が安い分、機内食などでコストを削っているLCC。でもビジネスクラスなら食事も軽食も提供され、お酒も飲み放題。LCCでの長時間フライトもちょっとぜいたくに楽しめます。

メルボルンで“ぜいたく大人旅”

22 6 39 7

街中を歩くとカラフルだったり変わった形のオシャレな建物が目に入ってくるメルボルン・シティと言われる中心地。ファッションやアートなど、今オーストラリアの流行の発信地としても注目されている都市だとか。ビクトリア様式の装飾の美しい建物と現代的なスタイリッシュなデザインの建物が共存するのがメルボルン的。

26

でも緑がないわけではなく、メルボルンの約60%が緑地で、公園や庭園が多いそう。散歩も気持ちいいです。

1 2 3 4次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy