ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『荒野はつらいよ』にあのイケメン俳優や美人女優も登場? 知っておくとより楽しめるカメオ出演情報まとめ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


見た目は愛くるしいテディベア、でも中身は下品な中年オヤジという斬新すぎるキャラクター設定で世界中を爆笑させ、来年には続編の公開が発表された映画『テッド』。その監督であるセス・マクファーレンによる最新作『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』が、10月10日(金)より公開となります。


『テッド』でファンタジー映画の常識を打ち破ったセスが次に選んだのは、歴史上最高レベルにイカれていた(?)であろう西部開拓時代の田舎町。「古き良きワイルド・ウエスト」なんてロマンチックに語り継がれるフロンティア伝説を真っ向から否定したセスは、西部劇らしからぬ地味でさえない羊飼いの生きざまを、斬新な視点で描きます。

セスの出世作『テッド』では、ノラ・ジョーンズが本人役で出演していたり、グリーン・ランタンことライアン・レイノルズがゲイ役で出演していたり、豪華な面々がカメオ出演していたことでも話題となりました。その他、なかなか日本人にはなじみがなくて伝わりにくいカメオ出演も多々あったのですが、本作でもそのお遊びは健在。すでに予告編に登場しているように、あの『バック・トゥ・ザ・フューチャー』から、ドクとデロリアンが登場することが明らかとなっており、公開前から“喜び”と“混乱”を招いています。

しかし、映画ファンを喜ばせるためのサプライズはこれだけにとどまらず、前作以上のカメオ出演やギャグが満載の本作。ガジェット通信では、独自にその情報の一部を入手。本編をより楽しく鑑賞できるよう、公開直前のタイミングでちょっとだけ紹介しちゃいます! 何も知りたくないという方は、鑑賞後に答え合わせをしてみてくださいね。

見逃し注意! 豪華カメオ出演&サプライズ

ドクとデロリアンが西部時代にタイムスリップ! 気象実験じゃよ!
『テッド』に出演していたミラ・クニスが斜め上の方法で本作に参戦!?
ライアン・レイノルズもまた登場! 相変わらず地味だな!
エンドロール後まで席を立たないで!
超A級難易度! ユアン・マクレガーを見つけられるか!?

ユ、ユアン……マクレガー、……だと? シャーリーズ・セロンに挨拶をするため撮影現場に訪れたユアンは、彼女に「出れば?」と声をかけられ、勢いで出演してしまったとのこと。ユアンの新作もウエスタンだったため、そのままの格好でお祭りのシーンに登場しています。セスは、「姉さん勝手にオファーしちゃったの!?」と驚いたものの、このカメオ出演に喜び、周りの人たちも隣のエキストラがユアンとは気づかなかったそうです。余談ですが、ミラ・クニスはアシュトン・カッチャーとの第1子となる女の子を先日出産したばかり。もし彼女を見つけられた際は、心の中で「おめでとう」と言ってあげてください。

セスは今回のカメオ出演やサプライズについて、「あまり特別出演に頼りすぎるのも良くないけど、サプライズゲストがカメオ出演することによって場面をより面白くできるギャグがあるなら、その手を使うのも悪くないでしょ!」と相変わらずのノリを見せています。みなさんは、いくつのサプライズを見つけられるでしょうか? 家に帰るまで……ではなく、答え合わせまでが『荒野はつらいよ』です! 張り切って探してみましょう!


『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』公式サイト:
http://kouya-tsuraiyo.jp/

(c)Universal Pictures

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP