ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ハン・ソロ? ボンド? ロボコップ? 俺たちのセンターは誰だ! “20世紀アクションヒーロー総選挙”が開催中

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
アクションヒーロー総選挙特別画像

奇跡の豪華キャストと呼ばれるハリウッドアクション映画界のレジェンドたちが、時にはマシンガンをぶっ放し、時にはそのムキムキな肉体を駆使して格闘し、またある時は野郎同士でキャッキャする超大作『エクスペンダブル』シリーズ。その最新作である『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』でも、シルベスター・スタローン(『ロッキー』)、ハリソン・フォード(『インディ・ジョーンズ』)、メル・ギブソン(『マッドマックス』)、アーノルド・シュワルツェネッガー(『ターミネーター』)など、100年に1度といえるミラクルな顔合わせを実現。11月1日(土)の日本公開まで1か月を切り、アクション映画ファンの間では期待が増すばかりです。

そんな本作の公開を記念して、本日よりアクションヒーローのセンターを決める“20世紀アクションヒーロー総選挙”が開催。『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』に出演している面々はもちろん、洋画ファンのハートを熱く燃え上がらせた38人のアクションヒーローが厳選され、その中から、一体誰がいちばんのアクションヒーローなのかを映画ファンの投票によって決定します。

総選挙の特設ページには、38人のアクションヒーローの姿がズラリ。まだSNSがなかった時代、情報インフラがなくても己の腕っぷしだけで世界を熱くさせてきた数々の男たち。「彼こそが!」と思い出に残るヒーローへの熱い思いを今こそSNSを通じて語り倒し、数々の伝説を残すアクションヒーローの人気ナンバーワンをここで決めてしまいましょう!

ノミネートされた38人のヒーローはコイツらだ!

※記載は役名『作品名』(俳優名)

ジョン・マクレーン『ダイ・ハード』(ブルース・ウィリス)、
T-800『ターミネーター』(アーノルド・シュワルツェネッガー)
ロボコップ『ロボコップ』(ピーター・ウェラー)
エレン・リプリー『エイリアン』(シガーニー・ウィーバー)、
スコット・マッコイ『デルタ・フォース』(チャック・ノリス)
タイラー・ダーデン『ファイトクラブ』(ブラッド・ピット)
バージル・ヒルツ『大脱走』(スティーヴ・マックイーン)
ロッキー・バルボア『ロッキー』(シルベスター・スタローン)
ハン・ソロ『スター・ウォーズ』(ハリソン・フォード)
ジェームズ・ボンド『007/ロシアより愛を込めて』(ショーン・コネリー)
ジョン・メイトリックス『コマンドー』(アーノルド・シュワルツェネッガー)
スネーク・プリスキン『ニューヨーク1997』(カート・ラッセル)
ジョン・ランボー『ランボー』(シルベスター・スタローン)
インディ・ジョーンズ『レイダース 失われたアーク』(ハリソン・フォード)
マーベリック『トップガン』(トム・クルーズ)
アクセル・フォーリー『ビバリーヒルズ・コップ』(エディ・マーフィー)
ドラゴン『プロジェクトA』(ジャッキー・チェン)
マイケル・“クロコダイル”・ダンディー『クロコダイル・ダンディー』(ポール・ホーガン)
イーサン・ハント『ミッション・インポッシブル』(トム・クルーズ)
マーティン・リッグス『リーサル・ウェポン』(メル・ギブソン)
ハリー・キャラハン『ダーティハリー』(クリント・イーストウッド)
リー『燃えよドラゴン』(ブルース・リー)
ケイシー・ライバック『沈黙の戦艦』(スティーヴン・セガール)
ルーク・ドゥブロー『ユニバーサル・ソルジャー』(ジャン・クロード・ヴァンダム)
ネオ『マトリックス』(キアヌ・リーヴス)
ブレイド『ブレイド』(ウェズリー・スナイプス)
マックス・ロカタンスキー『マッドマックス』(メル・ギブソン)
エル・マリアッチ『デスペラード』(アントニオ・バンデラス)
ポール・カージー『狼よさらば』(チャールズ・ブロンソン)
ミヤギ『ベスト・キッド』(ノリユキ・パット・モリタ)
フランク・マーティン『トランスポーター』(ジェイソン・ステイサム)
伊達邦彦『野獣死すべし』(松田優作)
ニコライ『レッド・スコルピオン』(ドルフ・ラングレン)
菊千代『七人の侍』(三船敏郎)
小虎『少林寺』(リー・リンチェイ“ジェット・リー”)
市『座頭市物語』(勝新太郎)
剣琢磨『激突!殺人拳』(千葉真一)
李紅竜『女殺人拳』(志穂美悦子)

なんとも渋いセレクト。どれも20世紀を代表するアクションヒーローたちばかりです。松田優作、三船敏郎、勝新太郎など、日本が誇る名優たちの名前も。「男なら、チャック・ノリスの一択だろ!」と胸を張って言いたいところですが、ここまで豪華な面々が並ぶと簡単には決められません……。

特設サイトでは、それぞれのヒーローのプロフィールだけでなく、熱いキャッチコピーと心に残る決め台詞を見ることができ、洋画ファン感涙の豪華仕様となっています。投票は特設サイトから『Twitter』もしくは『Facebook』ボタンを押すだけ。さらに、投票した方には “特製ヒーローフィギュア”などの賞品を抽選でプレゼント。投票締切は11月8日(土)までとなっているので、ぜひそれぞれのヒーローたちの活躍を思い出しながら投票に参加してみましょう。それにしても、ひとりを選べないよ! 悩ましいよ!

“20世紀アクションヒーロー総選挙”特設サイト:
http://20hero.jp

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。