ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ムダに豪華すぎる! ハンディスキャナ『ScanSnap漆塗り特別モデル』50台限定発売

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ScanSnap漆塗り特別モデル


PFUは、創業50周年を記念して、創業の地である石川の伝統工芸・漆塗りによる『ScanSnap漆塗り特別モデル』を50台限定で販売します。持ち歩いて使うハンディスキャナと、日本を代表する伝統工芸“輪島塗”の華麗なるコラボレーションによって実現した記念製品ですが、豪華すぎてスキャナにはとても見えない……あたりがムダにスゴイ!です。

PFUは1960年に石川県で創業、2010年11月1日で50周年を迎えます。今回の特別モデルは、「ものづくりを極める50周年」をコンセプトに、石川の伝統工芸である輪島塗の工房と連携し、ハンディスキャナ『ScanSnap』の特別モデルを先着50台限定で販売します。見た目は豪華な漆塗りのハコですが、ハンディスキャナとして使用可能です。

ScanSnap漆塗り特別モデル

輪島市無形文化財指定の『天日黒目(てんぴくろめ)』技法による漆を塗り重ね、蒔絵技法のなかでも最も華麗な『肉合蒔絵(ししあいまきえ)』で『ScanSnap』のロゴと“犬鷲(石川県の県鳥)”があしらわれるという重厚感のある美しさ。以前、『ガジェット通信』でも取りあげた通常モデルの『ScanSnap』と見比べてみてください。あまりの違いにビックリ!です。

創業50周年を記念して、創業の地の伝統工芸とデジタルガジェットのコラボレーションを実現させるなんて、なんとも粋な試みではないでしょうか。また、PFUでは同製品の発売に合わせて、この特別モデルを商品とする『スキャナ活用術コンテスト』も開催、ユニークなスキャナ活用法を募集しています。応募期間は8月23日まで、漆塗りスキャナをゲットするチャンスですよ!

ちなみに、価格は『ScanSnap S1500 特別モデル』は30万円、『ScanSnap S1300 特別モデル』は20万円、販売は同社直販サイト『PFUダイレクト』でのみ注文を受け付けています。受注生産となるため、注文確定から約2か月後の納品になります。
 
 

■関連記事
持ち歩いて使おう!ドキュメントスキャナ『ScanSnap S1300』
厚い本もOK! 紙に負荷をかけない“上からスキャン”方式のスキャナ『Simply Scan』発売へ
電源&PC不要! 持ち歩いてどこでも使える『スーパースリムスキャナA4』

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。