体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ご当地ビール】こくウマからフルーティーまで! 北海道の大自然から生まれた『ノースアイランドビール』定番セットを飲み比べ

ノースアイランドビール 全種

今回のお取り寄せご当地ビールは、北海道の大自然で作られた『ノースアイランドビール』。こちらのビールは、ふたりのブルーマスターがカナダで修業し、「美味しいビールを味わってもらいたい」という思いから、丹念に造られたビールなのだそう。その『ノースアイランドビール』レギュラービールの全6種類を飲み比べ。編集部スタッフの試飲レビューにてご紹介いたします。

※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/674019

ノースアイランドビールとは?

(公式サイトより)
カナダでの修業を基に、2人のブルーマスターによって『NORTH ISLAND BEER』は造られています。修業中に恩師が私達に伝えた言葉「Beer is Art」。そう、ビールは実はとても奥の深いお酒なのです。多種多様のビールを楽しんでもらいたい想いから、ノースアイランドビールでは6種類のレギュラービールに加え、 限定ビールやシーズナルビールの醸造も行っております。 北海道からこだわりのクラフトビールを発信します。

ピルスナー

ピルスナーは日本でもっともポピュラーなビールスタイル。 軽快な飲み口でありながら、しっかりとした麦芽の風味とアロマホップの爽やかな香りが楽しめるピルスナーに仕上げました。

※記事中コメントは試飲した編集部スタッフによるもの。

ピルスナー 瓶

「キリッとした爽やかな香り。口当たりがさっぱりしているので、苦味があるもののゴクゴク飲めます。」

ピルスナー 注ぐところ

「苦味はしっかりありつつ、あっさりした日本人好みのテイストでした。」

ピルスナー 注いだグラス

ビールのタイプ:下面醗酵 ピルスナー
アルコール度数:5%
飲みごろ温度:5~7℃

ヴァイツェン

北海道江別産「ハルユタカ」小麦使用。 ヴァイツェン特有のフルーティーな香りと小麦がもたらすほのかな酸味が特徴。苦味を抑えた爽やかで飲み易い小麦ビール。

ヴァイツェン瓶

「口当たりがとても柔らかい印象です。やさしく上品な味わい。」

ヴァイツェン注ぐところ

「フルーティーで個性的なビール。香りを楽しんで飲みたい。」

ヴァイツェン注いだグラス

ビールのタイプ:上面醗酵 南ドイツスタイル・ヘーフェヴァイツエン
アルコール度数:5%
飲みごろ温度:6~8℃

1 2次のページ
erini (エリーニ)の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。