体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大人も子供もこりゃ楽しい! プロジェクションマッピングを駆使した未来の砂場遊び『え~でる すなば』を体験してきたよ

大人も子供もこりゃ楽しい! プロジェクションマッピングを駆使した未来の砂場遊び『え~でる すなば』を体験してきたよ

お城を作ったり砂団子の固さを競い合ったり、川を掘って水を流してみたり、今考えてみると我々の創造性を育んでくれた“砂場遊び”。砂場は友達と集まる一種の社交場でもありましたよね。昨今では衛生上の観点から砂場がフェンスで囲んであったり、人の親になってみると靴や服が汚れるので「砂場はまた今度にしなさい」なんて子供に言ってしまったりと、砂場遊びは敬遠されがち。そんな中、セガが屋内で思いっきり遊べる、しかも未来っぽい砂場遊びを開発。取材に行って、実際に遊ばせていただきました。これは子供だけじゃなく、大人も相当楽しめますよ。

未来の砂場遊び『え~でる すなば』

『え~でる すなば』

セガが開発した屋内用キッズ向け遊具機器『え~でる すなば』は、手が汚れにくい特殊な砂を使って遊べる砂場遊びの装置。ただの砂場遊びではなく、砂で作った地形の高低差や手の動きを検出して、リアルタイムに映像を映し出すプロジェクションマッピングによる演出が楽しめるのです。これは未来の砂場遊び!

筐体は木のイメージ

筐体は子供の遊具っぽい、木をイメージしたデザイン。並べて設置すると森のようになります。

砂のトレー 手に付かなくて固められる『え~でるサンド』

子供が遊びやすい高さに設置されたトレーに、砂が入っています。スウェーデンで開発されたこの『え~でるサンド』は、手に付きにくく、水を使わなくても粘土のように固められるのが特徴。手が汚れにくいだけでなく、室内に設置するから衛生面でも安心して遊ばせることができます。

プロジェクターと『Kinectセンサー』

砂場の上には映像を投射するプロジェクターとマイクロソフトの『Kinectセンサー』を搭載。『Kinect』を使って砂の上の手の動きや高低差を認識するという仕組みになっています。

ボタンをタッチして操作

子供向けなので操作はカンタン。砂場の上のパネルに映し出されるボタンをタッチして選んでいくだけです。早速遊んでみましょう。

「できるかな」モードで遊び方をマスター

星が出る演出が楽しい

遊び方を覚えられるチュートリアルとして楽しめる「できるかな」モードと、自由に遊べる「すなあそび」モードが選べます。まずは「できるかな」モードから。ハートを作るというお題に挑戦してみます。投影される図形を指でなぞって掘っていくのですが、うまくいっているとキラキラと星が出現! これは楽しい。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。