ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『テッド』監督の最新作『荒野はつらいよ』 西部劇でテッドが活躍できたかもしれない10の理由とは?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


全世界で興収550億円というR指定オリジナルコメディ映画史上ナンバーワンのヒットを記録し、日本でも興収40億円を超える空前の大ブームを巻き起こした映画『テッド』。そのテッドの生みの親であるセス・マクファーレン監督の最新作『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』が、10月10日(金)より公開となります。『テッド』でファンタジー映画の常識を打ち破ったセスが次に選んだのは、西部開拓時代の田舎町。「古き良きワイルド・ウエスト」なんてロマンチックに語り継がれるフロンティア伝説を真っ向から否定し、地味でさえない羊飼いの“西部劇らしからぬ”生きざまを、斬新な視点で描きます。

そんなセスの相棒であり、世界一稼いだテディベアことテッドは、続編の準備に忙しいのか、はたまた悪いことをして締め出されたのかは謎ですが、残念ながら今作への出演はかなわなかったようです。もし彼が出演していたとしたら、きっとイカしたカウボーイになっていただろうなぁと思っていた矢先、なんとユニバーサル・ピクチャーズから“テッドが一流のカウボーイになれたかもしれない10の理由”なる資料を入手。みなさん、これから列挙するのは決して筆者の妄想なんかではなく、ユニバーサル・ピクチャーズの公式なのであしからず!

テッドが一流のカウボーイになれたかもしれない10の理由

1.たくさんの西部劇を見たから。ほぼマリファナを使用している時にだが。
(He’s seen tons of westerns. Mostly while stoned, but still.)

2.カウボーイハットがとても似合うから。
(He looks great in a cowboy hat.)

3.銃弾をものともしないから。数針縫えば新品同様。
(Bullets aren’t much of a problem for him. A few stitches and he’s good as new.)

4. 娼(しょう)婦に大人気だから。
(Prostitutes love him.)

5.ピアノに合わせて歌ったり、ウィスキーを飲み干したりしてサルーンで大人気になるだろうから。
(He’d be a hit at the Saloon, whether he’s singing along to the piano or just downing whiskey.)

6. いかなる戦いにおいても背が小さいことが利点となるから。標的として小さい。
(His height gives him the advantage in any duel. Smaller target.)

7. 旧西部では(彼が唯一苦手とする)雷雨があまりないから。
(There aren’t too many thunderstorms (his only fear) in the old west.)

8.ならず者の多い時代であれば、しゃべるクマは品評会で人気者になるだろうから。
(If times are tough, a talking bear would be a hit at the fair.)

9. 指名手配のポスターにクマが載っていることほど恐いことはないから。
(There’s nothing scarier than a bear on a wanted poster.)

10. 危険な状況で死んだふりをするのが最高に上手いから。
(Nobody is better at playing dead in a dangerous situation than Ted.)

……以上、クスッと笑えてなるほどと思えるものから、なかなか笑いにくいブラックな内容まで10の理由が並びました。でもこれ、短編でも良いので、今からでもテッド登場版を製作すべきですよね!


今回テーマとして扱った西部開拓時代について、セス・マクファーレン監督は「米国の映画でも文学でも、この時代はどうしてこんなにやたらめったら男のロマン的に扱われるんだろうか? という話になったんだ。特に群れを束ねるボスのような存在でないと、今の時代では考えられないほど危なっかしい、生きていくのが大変な時代であり場所だったんだよね。そこが話の出発点だったよ」と語ります。

さらに、今作では主演も務めているセスは、自身の演じた羊飼いのアルバートが背負わされた立場もまた重要と語り、「羊は草の根っこ近くまで食べてしまい、土地をダメにしてしまうので、羊飼いはみんなの嫌われ者だったらしいんだ。第一に、育てるという面ではことさら勇気がいる動物ではないので、羊飼いが西部ではヘタレ的な存在だったというアイデアがいけると思った。アルバートがどういうヤツなのか、またアメリカのフロンティアにも“オタク”がいたという部分に目を向けさせることがおもしろいアングルになる気がしたんだ」と当初からの構想を明かしました。

『テッド』で上げまくったハードルをきっと軽々と超えてくれるであろう今作。果たして、セス演じるアルバートは一流カウボーイ(と予測される)テッドのように無事に荒野を生き抜くことができるのでしょうか?

『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』公式サイト:
http://kouya-tsuraiyo.jp/

(c)Universal Pictures

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP