ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ハリウッド版『ドラゴンボール』で悟空が「武昆」に改名なったワケ! 台湾では悟空

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ハリウッド版『ドラゴンボール』として、3月11日から日本で先行公開される『ドラゴンボール エボリューション』。「原作と内容がかなり違うのでは?」と日本でもストーリーに懸念する声があるが、おとなり中国では主人公・悟空の名前が「武昆」に解明されて上映されることになっており、物議を醸している。

もともと中国は、フジテレビ制作で香取慎吾が主演を務めた映画『西遊記』の上映時にも「なんで三蔵法師が女なんだ!」「中国文化をバカにしている」と非難が浴びせられていた。漫画版『ドラゴンボール』も原作の初期は『西遊記』が軸となっており、悟空の名も『西遊記』から由来している。そういうこともあり、中国が発祥で根強く人民に浸透している文化が凱旋するとなると、「これが『西遊記』の悟空だって? ふざけるな!」と、過敏になるのかもしれない。

このことについて、中華民国の台湾ではどのように報じられているのか? また、台湾人はどのように思っているのか、台湾人に聞いてみた。

台湾では改名することなく悟空という名で上映します。もちろん中国だけ名前が悟空から武昆になるのは、原作からさらにかけ離れることになり、ちょっとおかしいと思います。このことは、けっこう台湾の掲示板でも話題になっていますよ。ちなみにブルマは布馬、ピッコロは比克、カメハメ波は亀派気功です」。なるほど、多くの台湾人は “武昆難聴(聞くにたえない)” と思っているようだ。

最近のことでは、『カンフーパンダ』が中国で上映禁止になるなど、とにかく中国発祥の文化を他国にいじられるのを嫌う中国人。しかし、『ドラゴンボール』が原作と違う内容であることに対し「大丈夫なの?」と不安に思っているのは、どこの国よりも日本であることを忘れてはならない!
 
 
こんな映画の記事もあります
女の子が骨抜きになった映画『トワイライト』の原作者は専業主婦だった!
裏サイトから女の子を救え! ドキドキのひきこもり(?)映画
肯定「イエス」を言い続けると人はどうなるか
【クリント・イーストウッド】衝撃の結末を描いた映画『グラン・トリノ』

カテゴリー : ガジェ通 タグ :
hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。