ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シャボン玉のきらめきを放つ「泡時計」で時の流れを楽しもう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

子どもの頃、誰もが遊んだ“シャボン玉”。

あの儚いきらめきをガラスに閉じ込めたのが、この泡時計「awaglass」だ。

「awaglass」は、砂時計のようななめらかな曲線が魅力で、時計の一種ではあるのだが、刻む時はまちまち。

それもそのはず、時間を“計る”のではなく“楽しむ”ためにデザインされたプロダクトなのだ。

ひっくりかえすと、泡が上部にぽこぽこと上がってくる仕組みで、ゆるやかな時の流れを感じることができる。

デザインを手掛けたのは、寺山紀彦さんが立ち上げた「studio note」。落ちる水ではなく、上がっていく空気に着目したユニークな発想で、いつまでも眺めていたくなる美しさだ。

カラーは透明とピンクの2種類で、サイズはレギュラー(5400円)とミニ(3564円)の2種類。

オブジェとして、あるいはプレゼントとしてもぴったりだ。

ぜひ窓辺で朝焼けや夕日に透かしながら、微妙な色合いを楽しんでほしい。

studio note

http://www.studio-note.com/ja/studionote.htm

novelax online

http://store.novelax.jp/?pid=33637494

Vimeo

https://vimeo.com/41661599

The post シャボン玉のきらめきを放つ「泡時計」で時の流れを楽しもう appeared first on ISUTA(イスタ)オシャレを発信するニュースサイト.

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP