ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

異色の“スマート電球”登場 HDスピーカー付きで音楽やインターカムも!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日常生活の中にスマートテクノロジーが次々と取り入れられているが、スマート電球もそんな1つ。スマートフォンをリモートコントロール代わりにして、明るさ調節やタイマー設定ができる“賢い”LEDライトだが、「LightFreq」は既存のスマートLED電球ともまたちょっと異なっているようだ。

なんと、照明としての役割だけでなく、オーディオ機能も保有するという。大きさは普通の白熱灯と同じくらいで、見かけはスタイリッシュな電球という感じ。しかし中には、5Wの高品質スピーカー、Bluetooth、wifi通信機能を内蔵している。

スマートフォンを使って、色をチェンジしたり、タイマーを設定するなど、照明としての機能のほか、内蔵スピーカーから音楽ストリームを流すようなこともできる。専用アプリ経由で、自宅内に設置した「LightFreq」ごとに名前を設定し、特定の電球を選択して指令を送れるようになっている。

また、スマートデバイスを携帯しているユーザーの位置を追跡し、部屋から部屋へと移動するのに合わせて、オーディオがユーザーを自動的にフォローする、ユニークな機能もある。

ロック、ヒップホップ、テクノなど、今流れている音楽のジャンルに基づき、オートでテンポに応じて色が変化する機能もあるので、パーティシーンなどにはピッタリ。電球の色は1600万パターンに変化可能で、この電球はおよそ4万時間ほどもつという。

さらに、電球内にはマイクが内蔵されているので、各部屋にインターカムとして設置し、部屋同士を結ぶ会話ツールとして使うこともできる。

普通のスマート電球としてはもちろんのこと、部屋の演出効果として用いたり、アラームやインターカムとして活用するなど、“ただの電球”を超えて幅広く役立ってくれそうだ。「LightFreq」は現在資金調達プラットフォームKickstarterで、9月4日までキャンペーンを実施中。

LightFreq

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。