ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

組み立てかんたん! 軽量テント『Elixir 3』はコスパが超イイ優れもの

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


キャンプに欠かせないアイテム、テント。自然の中で眠ることができ、いつもと違う空間で過ごすワクワク感を存分に味わう重要なツールといえるでしょう。今回は、軽くて持ち運び便利、設営かんたん。そして、コストパフォーマンスに優れた『MSR』の『Elixir(エリクサー)3』をご紹介します。

※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/652969[リンク]

初心者OK! 軽量テント『Elixir 3』

(取り扱いサイトより)
驚くべき軽量さと設営の簡単さで、初めてバックパッキングに挑戦する方や予算が限られた方に理想的な『エリクサー』。
・2つの大きな前室と出入口。51cm幅のマットレスが3枚ぴったり入る広いフロアスペースがあります。
・付属のフットプリントとレインフライを組み合わせてシェルターとして使用可能です。

収納した状態のサイズは約50cm、約2.5kg。折り畳み傘と比べてもこの大きさなので、リュックサックに入れて持ち運ぶのにも便利そうです。

パッケージ内容はフレームアセンブリー、テント本体、レインフライ、ステイク(ペグ)×6本、修正スリーブ1、MSRフットプリント。

まずフットプリントの上にテントを広げます。外で組み立てる際は、しっかり四隅をステイク(ペグ)で固定します。

ポールを組み立てておきます。長く、赤と黒の2本組になっている方がメインポール、短めの赤い1本がリッジポールです。

メインポールの赤色の方を赤色のウェビングがついたステイクループのグロメットにそれぞれ挿入していきます。

次にメインポールのグレーのウェビングのついたステイクループのグロメットにそれぞれ挿入していきます。

今回ひとりで組み立てたので、ポールが抜けてしまわないようにすべてのグロメットに挿入していくのは、少し大変でした。しかし、ふたりでちゃんと抑えながら組み立ててれば楽勝。そしてここまでできたら、完成はすぐそこです。

パチンパチンと、フレームアセンブリー全体に渡って、赤のクリップは赤のポールに、グレーのクリップはグレーのポールにと取り付けていきます。

クリップをとりつけ終わったら、赤色のリッジポールを、2本のメインポールの上に来るようにして、取り付けていきます。入口上部のグロメットに挿入します。

これでテントはほぼ完成。次に雨対策として、レインフライをつけていきます。テントなしで骨組みだけを組み立て、レインフライを被せると、シェルターとして使用できます。

できました! 最終的には手で引っ張っているシェルターの前部分もステイク(ペグ)で止めます。

右のファスナーを開くと、テントの入口がお目見え。

さっそく入ってみると……広い! 結構な広々空間です。三人入ってもこれなら窮屈感はないですね。天井がしっかりとれるのがいいです。

入り口は2つあるので、寝ている人を起こさず出入りすることが可能です。

編集部のwosaさんにも入ってみてもらいました。

広さと居心地の良さに感心しています。

とてもくつろいでいるご様子です。

身長162cmのwosaさんが手と足を思いっきり広げてゴロゴロしても、余裕の広さですね。

天井が高いからといって、足上げポーズで無理しないでください!

組み立ててくれたキャンプ上級者の編集部員も、「これはいいね。すごいラクチン。ほしい」「5~6万円くらいするんじゃないの?」と褒めちぎりまくりでした。

軽量で持ち運びラクラク、組み立てもかんたん、そして価格は38000円(税別)とかなりのコストパフォーマンスの良さ! 『Elixir 3』は、初めてのテント購入でも絶対に後悔しない一品です。

製品概要:『Elixir 3』

フロア面積3.67㎡
セット内容:『Elixir 3』/ペグ×6/修理スリーブ×1/フットプリント×1
価格:38000円(税別)
最小重量(フライ/本体/ポール):2.53kg
前室面積:1.63㎡
フロア容積:1784L
前室容積:510L
室内最大高:104cm
収納サイズ:51×20cm

メーカー公式サイト:MSR

https://www.e-mot.co.jp/msr/product.asp?id=370[リンク]

Nagaya Ayakaの記事一覧をみる ▶

記者:

若いうちはなんでもやっとけー! とがむしゃらに生きている20代女です。 趣味は旅行と読書、創作活動、そして酒。夢中になると大変なことになるので、いつも控えめに過ごしております。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP