ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LINEスタンプが却下され漫画家が怒り爆発

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


無料通話アプリ『LINE』は、LINE株式会社が運営する世界規模で人気のアプリだ。学生も、社会人も、主婦も、年配者も、誰もが使っている便利なアプリである。

LINEには、スタンプというイラストを送信できる機能があり、有料も無料も用意されている。素人がスタンプを作り、申請して合格すれば、それを販売する事も出来る。

漫画家のピョコタン先生がLINEスタンプを申請。しかしLINE株式会社によって申請は却下され、ニコニコ生放送やユーチューブで怒りコメントを爆発させている。

「僕が『オレ的ゲーム速報』(ゲーム情報サイト)と組んでLINEスタンプを作ったんですよ。とりあえず40個のスタンプを描くのに3日かかったんです。5月20日に出したんです。そしてずーっと審議をLINEのヤツラが続けてまして、なんと、リジェクト。リターンがきたの。リターンというのは、ここを直してとか、ちょっと修正してくださいとか言われるやつ。それがなんとですね、全却下! ふざけてるよなLINEのヤツラはよ! どこまで殿様商売してんだよ! 『オレ的ゲーム速報』をモチーフにしたらさ、(イラストの)原点は2ちゃんねるのやる夫じゃないですか。だから権利を明確にしなさいとか言って、すべてがダメですと。君が作ったスタンプは全部だめです。全ボツです。あーこれ言いたく無かったわ本当。ふざけやがって何がリジェクトだよ!」(ピョコタン先生のコメント)

LINEスタンプの販売は、才能さえあれば新しいチャンスを得られる、クリエイターにとって嬉しいサービスである。それゆえ、しっかりとしたルールが決められており、厳正に審査していると言われている。



ピョコタンのツイッター https://twitter.com/pyocotan
http://youtu.be/N3cIA7buLGo

※この記事はガジェ通ウェブライターの「太郎改太郎」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP