ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サッカー天皇杯でジャイアントキリング頻発! 横浜F・マリノスは特別ユニフォーム発送前に敗退  

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

天皇杯全日本サッカー選手権の三回戦が開催された2014年8月20日。J1のチームが下位カテゴリーのチームに敗れる試合が続出。前年度覇者の横浜F・マリノスもJ2リーグ戦4位のギラヴァンツ北九州に延長戦の末2-3で破れ、トーナメントから姿を消しました。

F・マリノスは、2014年度天皇杯特別ホームユニフォームを製作・販売。これが「生産上の理由」により発送が9月上旬となっており、購入予約をしたサポーターの手に届く前の敗退という思わぬ事態となっています。

特別ユニフォームは、右袖に前大会王者の証である天皇杯優勝マークが入るなど、前身の日産自動車サッカー部時代を含めて史上最多の7度の優勝を誇るディフェンディングチャンピオン仕様。精悍さあふれるデザインは評判が良かったぶん、早期の敗退が悔やまれることに。予約のサポーターからは「最悪」「キャンセルしたい」といった嘆きの声が『Twitter』などネットでも上がっています。

国内最大のトーナメントである天皇杯は、プロ・アマ問わずにエントリー可能な大会で、例年下位のカテゴリーによる大物食いに敗れるJ1チームが出てきます。2014年は既に鹿島・神戸・仙台が二回戦で敗退。三回戦では、J1首位の浦和が群馬に、2位の川崎が愛媛FCに苦杯を舐めており、6位柏もPK戦の末千葉に敗れ、10位新潟も延長戦で長崎に逆転ゴールを決められて敗戦…。J2のチームによるジャイアントキリングが頻発しています。
リーグ戦を重視するチームの中には、天皇杯を出場機会の少ない選手の実戦の場とするところが多く、F・マリノスもこの試合で中村俊輔選手をベンチに置き、移籍で獲得したばかりのFWラフィーニャ選手も登録メンバー外となっていました。過密な日程の影響もあり、J1各チームがより総合力を問われるようになっている中、下位カテゴリーのチームにも充分にチャンスのある大会となっています。判官びいきのサッカーファンにとってはリーグ戦とは違った魅力がある天皇杯ですが、ジャイキリを食らったチームのサポーターとしては「たまったものではない」というのが正直なところではないでしょうか。

※画像は横浜F・マリノス公式サイトより
http://www.f-marinos.com/news/detail/2014-04-17/130000/112019 [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP