体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ささやき声が耳元に本当に届く! 『四次元ポケットPROJECT』第2弾『望遠メガフォン』実物をさわってみた

望遠メガフォン

『四次元ポケットPROJECT』って知ってましたか? これ、ドラえもんの秘密道具を実際に作ってしまおうという、かなりブッ飛んだ真面目企画なのです。

知っている人は知っている第1弾は『セルフ将棋』。実際に盤を囲んで対極の相手をしてくれるロボット(アーム)でした。

中堅・中小企業パワーで『ドラえもん』のひみつ道具作りに挑戦! 『四次元ポケットPROJECT』が胸熱すぎる ガジェット通信
http://getnews.jp/archives/515937 [リンク]

第2弾である今回のひみつ道具は『望遠メガフォン』。『てんとう虫コミックス』ではなく『藤子・F・不二雄大全集』の15巻に収録されているため、すぐに思い出せた人はなかなかのドラえもん通かも(ちなみに収録は86年の『小学4年生』4月号)。

『望遠メガフォン』は、スコープで照準を合わせてしゃべると、遠く離れた相手でも、耳元でささやいたかのように声が届くというひみつ道具なのです。

望遠メガフォン 周二郎探検隊

余談ですが、「声が届く」と聞いて筆者が真っ先に思い出したのは『コエカタマリン』。『ワ』の字に乗ったのび太がありありと浮かびました。ワ!

『望遠メガフォン』作中では、スネ夫とジャイアンに濡れ衣を着せられたのび太が、神成さん(近所のおじさん)に怒られるところからスタート。そこでドラえもんが『望遠メガフォン』を取り出します。
遠くからでもピンポイントで声が届くのをいいことに、ジャイアンとスネ夫の耳元でささやき続けるのび太(笑)。懲りた二人が神成さんちに謝りに行って一件落着します。

そんな『望遠メガフォン』の実物を、なんとガジェット通信に貸してもらえることになりました。

貸してもらいました

「よし! 実際に誰かの耳元でささやいてみよう!(笑)」
この時の筆者は、『ギシンアンキ』を飲んだのび太のように悪い顔だったに違いありません。
遠くの机で作業している同僚にそーっと『望遠メガフォン』を向けてみます。

使ってみる せんとす氏にポインタをあてる

「……聞こ……えますか……聞……こえますか……今、あなたの頭の中に……直接……話し……かけています……」

ずっと作業していた人が、ビクッと身を起こす様子は、本当にマンガみたいでした。やったー。

ビビる せんとす氏
1 2次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。