ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

たっぷり果肉に練乳と黒蜜が絶品! 『自由が丘スイーツフォレスト』の台湾かき氷試食レビュー

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


暑い夏、冷たいスイーツが恋しくなる季節。今回ご紹介するスイーツは、10週年を迎えたスイーツテーマパーク、『自由が丘スイーツフォレスト』のかき氷。こちらのかき氷は黒蜜シロップと練乳、そして旬のフルーツをふんだんに盛り合わせた台湾式で、毎年行列が出来るほどの人気だ。今年は、さらに自家製コンフィチュールを入れてさらに美味しさがパワーアップ。今回はすいか、マンゴー、スペシャルの3種類を試食してきたので早速ご紹介しよう。

※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/643412

みずみずしさに思わずジュルリ! すいか味(650円)

夏と言えばすいかである。暑い日にはシャクシャクと小気味良い音を立てかぶりつきたくなるものだ。そんなすいかと、夏の風物詩であるかき氷が一緒になって心踊らないわけがない。こちらのかき氷は、黒蜜と練乳がかかったかき氷の上に、食べやすい大きさにカットされたすいかがトッピングされている。気になるのはすいかと黒蜜の組み合わせだが、すいかのみずみずしさに黒蜜の深みが加わり、新しいすいかの魅力を味わうことが出来るオススメの組み合わせだ。すいかと氷を絡めながら食べ進めていくと、中段にはレモンのコンフィチュールが。じっくり皮ごと煮詰めたコンフィチュールの食感がかき氷とは全く違う食感を与えてくれるため、最後まで飽きが来ない。また、コンフィチュールにはバニラビーンズが入っており、後味にほのかな甘い香りを感じることができる。

上から下までマンゴーがたっぷり! マンゴー味(650円)

続いては近年夏に欠かせないスイーツとなっているマンゴー。こちらのかき氷にも、たーっぷりとマンゴーの果肉がトッピングされている。柔らかくて甘いマンゴーを堪能しつつ、シャクシャクとかき氷を食べ進めていくと、今度はマンゴーのコンフィチュールが。マンゴーの甘みも酸味もギューッと凝縮したコンフィチュールは、噛めば噛むほどマンゴーの香りが口いっぱいに広がり、まるで南国にいるかのような気分を味わうこととができる。そして、最後にはミルキーなマンゴーのフルーツシロップが控えており、果肉、コンフィチュール、シロップと、かき氷の上から下までマンゴー尽くしのかき氷となっている、マンゴー好きにはたまらないスイーツだ。

亀ゼリーに愛玉子! そしてフルーツたっぷりのスペシャル(900円)

最後のスペシャルは苺、キウイ、マンゴーという3種類のフルーツの上にアイスクリームがトッピングされた、華やかな見た目のかき氷。フルーツを堪能した後、中段には愛玉子(オーギョーチ)と亀ゼリーが控えている。オーギョーチも亀ゼリーもぷるるんっとした食感が楽しいゼリーで、かき氷との対比が良いアクセントとなっている。亀ゼリーは、亀の甲羅を削ったものと漢方を混ぜたゼリーで、美容やデトックスに効果があると言われている。マイルドな苦味があるため、その他の甘い部分を引き立てる役割をしているのもポイントだ。カップの底にはマンゴーミルクとイチゴミルクのシロップがあり、最後まで色々な味が楽しめるようになっている。

行列のできるかき氷は『自由が丘スイーツフォレスト』にて!

以上、3種類のかき氷をご紹介した。ふわふわとしたかき氷で知られる台湾かき氷だが、実は食べたことのない方も多いのでは。季節のフルーツがたっぷりと乗って、さらに黒蜜と練乳がかかったかき氷の美味しさを一度味わうとやみつきになること間違いなし。見た目にボリューム感があるが、女性でもペロリと平らげてしまうほど最後まで楽しめるかき氷となっている。亀ゼリー、オーギョーチ、アイスクリームなどは追加トッピングすることも可能なので、自分好みのかき氷を楽しむこともできる。

自由が丘スイーツフォレスト
http://www.sweets-forest.com[リンク]

【自由が丘スイーツフォレスト概要】
所在地:東京都目黒区緑が丘2-25-7「ラ・クール自由が丘」1F~3F
電 話:03-5731-6600
営業時間:「スイーツの森」ゾーン/10:00~20:00(年中無休)
アクセス:東急東横線大井町線「自由が丘」駅南口から徒歩約5分
※価格はすべて税抜表記です。メニュー価格は変更の可能性がございます。

srbnの記事一覧をみる ▶

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP