体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「自撮王への道」・・・・究極の自分撮りマシン “パーソナルロボットカメラマンデバイス” 『soloshot2』とは? 取材編(19)

solo

自分撮り業界の王を目指すFURUです。

“パーソナルロボットカメラマンデバイス” 『soloshot2』とは ??

FURUの自分撮りシステムは、着々と完成に向かって進んではいるものの、今までのガジェットはあまりにアナログチックな手法に寄るものが多い為、ハイテク化の昨今、このあたりの仕組みをどうにかして自動化、オートメーション化出来ないものだろうか?と、常々考えておりました。

…そんな中、ある記事を発見しました。

 やじうまPC Watch「被写体を自動追尾してズーム撮影もしてくれるロボットカメラマン」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/20140410_643684.html

s

記事の内容によると、

※「SOLOSHOT2」は、市販のカメラを取り付ける事により、自動的に被写体を追尾して、録画をしてくれる「パーソナルロボットカメラマンデバイス」である。

※取り付けたカメラを送信機の向きに合わせて自動制御で上下左右に動かして、被写体を自動的に追尾撮影できる。

※信号の送受信の距離は、最長600mまで届く。稼働時間は約5時間。

※オプションのカメラコントローラを使う事により、対応しているカメラに対して、リモートで撮影のON/OFF、自動ズームを行う事が可能である。

との事です。

・・・欲しいぃいいいい!

早速、メーカーのホームページを見てみる事にしましょう。

https://soloshot.com/

solo

ちなみに、この会社もkickstater出身の様ですね。

https://www.kickstarter.com/projects/1590403900/soloshot-go-film-yourself-automatically

ssチャ

動画はこちら。

SOLOSHOT2 – the next generation robot cameraman is here!
https://www.youtube.com/watch?v=OkhI4s6gLsA

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。