ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『進撃の巨人展』五感を揺さぶる展示内容一部解禁! チケット先行販売は8月9日からスタート [オタ女]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


11月28日を皮切りに上野の森美術館にて開催する『進撃の巨人展』。まだ先だな、と思っている人も多いと思いますが、8月9日にはチケットの先行販売がスタート。そして現在公開可能な情報も一部解禁されました!

チケットは全日日時指定制。11月28日~11月30日の先行公開日に入場するためのチケットが8月9日14:00よりローソンチケットにて先行抽選販売開始。12月1日からの一般公開スタート分の入場チケットついては、9月27日10:00からの販売です。

また、これまでベールに包まれていた詳しい展示内容もスペシャルサイトにて一部公開されています! 『進撃の巨人』の魅力は、なんといっても作者・諫山創の描き出す物語世界。人類を捕食する謎多き「巨人」という存在、巨人の侵入を阻む高い「壁」に囲まれた街、巨人に対抗するために開発された「立体機動装置」。
原画の展示はもちろん、本物の「巨人」かのような立体造形、音や衝撃を駆使した大型映像、最新の映像技術による立体映像体験など、漫画という平面世界から立ち上がり、観る人の五感をゆさぶる迫力を、全身で感じることができそうな内容となっています。

主要展覧会展示内容

【リアルスケール超大型巨人】

原画展史上空前の造形展示。1分の1リアルスケールで「超大型巨人」を立体造形化し、まるで物語の世界に足を踏み入れ、本物の巨人に遭遇したかのような恐怖を演出。
「立体的なオブジェクトだけが訴え得る迫りくる恐怖は、美術館を離れた後もいっそう印象深く、物語にリアリティーを与え続ける」そうです。巨人を目の前にする恐怖を実際に味わえますよ!

【生原画+諫山創 特別描き下ろし原画展示】

諫山創先生の作品世界が生まれるプロセスにふれることができる、生原画を展示。『進撃の巨人』の原画の展示は、本展が初となるそう。また、この展覧会のために特別に描き下ろした画も同時公開します。

【オープニングシアター「上野、陥落の日」】

入館後、一気に『進撃の巨人』の物語世界へと誘う、全身体感型オープニングシアター。一人の “人類” である観覧者は、そこで初めて巨人と遭遇し、その恐怖と絶望を体験することになります。
映像、音声、振動などのギミックが観る人を刺激し、シアターを超えた体験を提供。上野も陥落してしまうのですね……。

【アニメ声優による音声ガイド】(※料金別)

館内の展示をより深く楽しめるよう、アニメ版の声優陣録り下しの音声ガイドを用意。出演は、エレン、ミカサ、アルミン、リヴァイ、ハンジの5人を予定。物語の兵士たちと一緒に展示を回遊するような感覚が味わえる、マニア必携のガイドです。

【360°体感シアター“哮”】(※料金別)

兵団の一員となって「立体機動装置」の浮遊感が体験できる、バーチャルリアリティーのヘッドセット端末“Oculus Rift”による360°の3Dシアターも登場。最新の映像技術が臨場感溢れる物語空間を出現させ、実際にその場にいるような圧倒的な没入感を味わえるとのこと。現在の映像技術ではこれ以上ない、『進撃の巨人』の仮想現実空間です。

これは本当に作品世界に足を踏み入れた感覚になりそう! 期待が高まってきてしまいました。巨人の恐怖を体感しに上野へ行こう!

<『進撃の巨人展』 開催概要>
会場:上野の森美術館 (東京都台東区上野公園1-2 TEL:03-3833-4191)
先行公開日程:11月28日(金)・29日(土)・30日(日)
前期日程:12月1日(月)~12月31日(水)
後期日程:1月1日(木)~1月25日(日)
※休館日無し(年末・年始も開催)
開催時間:
平日10:00-17:00  土日祝10:00-20:00 
※12/30、12/31、1/1、1/2は祝日扱い
主催:「進撃の巨人展」製作委員会

【チケット販売概要】
「進撃の巨人展」は日時指定チケットのみの販売となっております。チケットはローソンチケットにて販売致します。また、グッズを購入の際には、展覧会チケットが必要となります。

『進撃の巨人展』スペシャルサイト
http://www.kyojinten.jp

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。