ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

六本木の立ち食いステーキ店『いきなりステーキ』に行列が出来ているらしいので行ってみました

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
i1

東京・六本木に行列が出来る立ち食いステーキ屋があります。『いきなりステーキ』です。マスコミにも大々的に取り上げられているので、ご存じの方も多いと思います。

看板には「炭焼きステーキは厚切りレアーで召し上がれ」と書かれています。本当ならばもっと高額なステーキ。それを安価で提供しているのが売りだと思われます。

立ち食いなので、お店のスタイルはスーパーカジュアル。お客さんの回転も良さそうですし、だからこそ安いのかもしれません。

お店に行ってみると、確かに行列が出来ていました。日本人だけでなく、外国人と思われる人達も沢山並んでいました。もしかして、外国人の間でも話題になっているのかも?

並んで待つ事10~15分、店内に案内されました。行列は出来ていますが、さほど待たなくて良いようです。これも回転が良いからでしょう。注文したのは400グラム2000円のステーキ。そして300円くらいのライスセットです。

ジュージューと鉄皿で焼かれながら出てきたステーキは、こんもりと盛り上がっていて厚みがありました。ステーキを持ち上げると、その下にコーンが敷かれていました。

肉が大きく見えるように演出している? 多分そういうわけではないと思います。コーンは肉が焼かれすぎない様に敷いているのでしょう。

高温の鉄皿で焼かれ、豪快に煙を出しています。ジュージュー音がなっているうちにナイフで切り、塩と胡椒をかけて食べました。肉質は思ったより柔らかいです。ソフトというより、弾力(柔軟性)がある感じです。

スジがあったり、切りにくかったり、脂身だらけという事はありませんでした。コストパフォーマンスが比較的良いステーキと言えます。

肉汁はもっと出てほしいと思いましたが、400グラムで2000円なら文句は言えないでしょう。気持ちとしては1600円くらいだと頻繁に通えて嬉しいのですが、今後の企業努力に期待です。

i5 i4 i3 i7 i8 i2 i6

※この記事はガジェ通ウェブライターの「太郎改太郎」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

太郎改太郎の記事一覧をみる ▶

記者:

太郎改太郎です。趣味はヤフオク。見様見真似でライター業をしています。よろしくお願いします。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。