ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Andriod版Google検索アプリは今後のアップデートで翻訳言語の切り替えが容易になる見込み、「Hands-Free」アプリの存在も確認される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android版Google検索アプリは今後のアップデートで複数の言語を切り替えて翻訳できるようになるみたいです。併せて、「Hands-Free」という新しいGoogleアプリと思われる新アプリの存在が浮上してきました。今回の情報は、Googleが公式Google+ページで一時的に公開していた翻訳機能のアップデートに関するGIFアニメーションから得られたことです。今は削除されており閲覧できないので、提供時期は未定と見るのがよいかもです。現在のGoogle検索アプリの翻訳機能では、システム言語から検索時に指定した言語への翻訳のみ可能で、別の言語で翻訳するには言語の部分を修正するか、もう一度入力しなければなりません。しかし、新しいGoogle検索アプリでは入力後でも言語選択リストから変更できるようになっています。「Hands-Free」アプリについては、上記の機能を紹介するために使った端末のホーム画面にアプリアイコンが表示されていたというだけです。中身はまだわかっていませんが、車のステアリングをモチーフにしたアイコンと名前を考えると自動車でのハンズフリー操作に関する新アプリではないかと予想されます。Source : Android Police


(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia Z3のバックパネルの写真?
NTTドコモ、「あんしんモード」をv3.2.0にアップデート、アプリの時間制限機能などが追加
ソフトバンク、「AQUOS PHONE Xx mini 303SH」のソフトウェアアップデートを開始、画像が重なって表示される現象や回転で画面が真っ暗になる現象を修正

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP