ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ASUSが2014年上半期の国内タブレット販売シェアでAppleを抜きトップに立つ(BCNランキング)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

BCNが7月17日に公開した2014年上半期(1月~6月)のBCNランキング「上半期No.1メーカー」で、Nexus 7などを取り扱うASUSがタブレット部門でAppleを抜いてトップに立ちました。BCNランキングは家電量販店などの実売データを基にした調査結果で、上半期ランキングのスマートフォン部門では、Appleが相変わらずトップだったのですが、タブレットではASUSが38.9%のシェアを獲得し、2位のApple(36.3%)をわずかながらも抜きトップに立ちました。タブレット部門では常にトップだったAppleが遂に2位陥落という事態になってしまいました。ASUSがトップに立ったのはNexus 7の販売が大きく貢献したとされていますが、他にも低価格モデルを複数発売したほか、Windowsタブレットも取り扱うなど投入した機種は多く、一方で、Appleからはこの期間中に新モデルの発売はなく、その結果、ASUSにトップを譲ったという形になったのではないかと思います。今秋には新モデルの発売が見込まれるので下半期は必ず巻き返してくると予想されます。Source : BCNランキング


(juggly.cn)記事関連リンク
SamsungがGalaxy S 5の「ウルトラ省電力モード」をアピール、一度も充電することなく米国を横断することに成功
Samsung、インドで新しいエントリーモデル「Galaxy Star Advance (SM-G350E)」を発売へ
Xperia T3の開封&ハンズオン動画

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP