ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

35歳以上の女子向け雑誌が「恋する夏にしたい」を特集! 36歳女子「ババアかどうかは自分で判断する」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫
35

35歳以上の女子向け雑誌が、特集として「恋する夏にしたい」を掲載し、話題となっている。公式サイトには「OVER35歳、いわゆるアラフォー世代の女性達を少しでも元気にしたい」と書かれている。

まだまだこれからの女子を応援する雑誌だと思われるが、Twitterや掲示板等のインターネット上では男子達から厳しい声が書き込みされており、色んな意味で話題となっている。いくつかこの雑誌に対する声を紹介したい(男女混合)。
 

<意見と感想>
・まだまだ夏は恋愛の季節www
・そろそろ腹の出る年頃で何言ってんだ?
・実際買うのは45歳のバブル世代
・35歳位だったらまだ良い方じゃないの?
・売れ残った現実を直視しよう
・若い男の子からの需要が少ないっていうだけで壮年期の男の人からは需要あるからな
・やっぱり女性は35歳前に老後を踏まえた身の振り方を考えるべきだと思う
・自分は35になっても独身な気はしてるけどこれ買う勇気はないと思うの
・売れ残りBBAはこんなん買わないで男に貢いで満足してろ

 
あまりにも酷い意見が多いが、これはあくまでインターネット上での声。現実にはパワフルに活躍する35歳以上の独身女性が多くいるし、彼女達を見ているだけで元気が出てくるほど。

仕事やオシャレ、恋愛に対して積極的なアラサー&アラフォー女子にとって、この雑誌は非常に嬉しい情報メディアと言えるだろう。

36歳の女友達に意見を聞いたところ、「ネットの男はすぐに女をババアと言ってバカにする。ババアかどうかは自分で判断するものだし、男にババア認定されたくない! だからこういう雑誌は大歓迎。コンビニにあったら手に取ると思う」と怒られてしまった。なるほど納得。

※この記事はガジェ通ウェブライターの「太郎改太郎」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

太郎改太郎の記事一覧をみる ▶

記者:

太郎改太郎です。趣味はヤフオク。見様見真似でライター業をしています。よろしくお願いします。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。