ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【動画】カメラを搭載したドローンを花火に突っ込ませて撮影してみた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今年も全国各地で花火大会の開催される季節がやってきた。夜空にはかなく咲いて散る美しい花火をぜひ写真に収めておきたいという人も多いことだろう。近年、デジカメの著しい高性能化とともに、花火を撮影する人の数もうなぎのぼり。スマホ搭載のカメラですら結構キレイに撮れてしまうため、花火大会会場のあちこちでスマホ片手にパシャパシャやっている姿を見かける。

しかし、そんなスマホを活用した花火撮影はもう古い! 今回は、今アメリカで話題の、最高にクールかつ“エクストリーム”な花火撮影術をご紹介。なんとカメラを搭載したクアッドコプターを炸裂する花火に突っ込ませて撮影しているのだ!

動画:Fireworks filmed with a drone(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=a9KZ3jgbbmI

この動画は、プロペラが4枚あるタイプの高級ラジコンヘリに『GoPro』を搭載して飛ばし、空中で破裂する花火を間近で撮影したもの。

よく花火大会のテレビ中継でヘリからの空撮シーンを見ることがあるが、この動画では、それこそ破裂地点の数メートルまで接近して撮影しているため、迫力がケタ違い。飛び散る火の粉がカメラをかすめていく場面はまるで戦争映画のワンシーンを見ているかのようだ。

これほど激しいスターマインの中に飛び込んだにも関わらず、幸いにもこのドローンは撃墜されることなく無事生還したそうだ。なお、日本でこれと同じ撮影をやろうとすると軽犯罪法違反などでしょっ引かれるそうなので、良い子のみんなは真似しちゃダメだゾ!

※この記事はガジェ通ウェブライターの「ろくす」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

カテゴリー : エンタメ タグ :
ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP