ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダーズ』のタロットカードの話

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダーズ』には、スタンドと呼ばれる可視化された超能力が登場します。スタンドの能力や名称は、タロットカードの暗示によって決められます。

主人公の空条承太郎はタロットカードの「星」(スター)の暗示なので、スタープラチナという名称です。ジャン・ピエール・ポルナレフは「戦車」(チャリオッツ)なのでシルバーチャリオッツ。敵のデス・サーティーンは「死」(デス)のタロットカードです。

『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダーズ』の連載当時、実は現在のタロットカードとはデザインが違っていました。実在する他者のタロットカードのデザインをもとに、漫画に使用していたようです。

それが『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダーズ』における初期デザインのタロットカードです。

そのため、途中からタロットカードのデザインを荒木先生のオリジナルに変更した経緯があります。コミックスでも、3部の序盤あたりは初期デザインのタロットカードがそのまま掲載されているものがあります。

ポルナレフのシルバーチャリオッツは人気のデザインをしていますが、初期デザインのタロットカードから着想を得たデザインなのではと言われています。デス・サーティーンのデザインも同様です。実際に見てみると、確かにタロットカードの初期デザインとスタンドがそっくりです。

もし興味があるならば、初期デザインのタロットカードがどんなものだったか、過去の単行本や週刊少年ジャンプを見てみると良いでしょう。もちろん、現在は荒木先生のオリジナルデザインに変更されていますよ。

※この記事はガジェ通ウェブライターの「太郎改太郎」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

太郎改太郎の記事一覧をみる ▶

記者:

太郎改太郎です。趣味はヤフオク。見様見真似でライター業をしています。よろしくお願いします。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP