ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

鳥取市の「かつ江さん」、公開終了。使用・二次創作も禁止に。ネット上では賛否両論

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

本誌既報の通り、鳥取城のキャラクター募集で次点となった「かつ江さん」。1581年(天正10年)の鳥取城攻めで、羽柴秀吉の兵糧攻めにあい、飢えに苦しむ民衆をイメージしたキャラクターだ。いささか異色のキャラクターとして注目を集めている。

[本誌記事]「鳥取城マスコットの公募で次点になった『かつ江さん』が禍々しすぎると話題に」(http://getnews.jp/archives/616724)

このかつ江さん、鳥取市webページで公開されていたが、鳥取市はキャラクターとして公開し、二次利用も許可していた。ところが、事態は急展開。市民からの抗議を受けて公開を終了し、使用・二次創作も禁じるとした。鳥取市は以下のようにページで説明している。

鳥取市「賛否両論の声が大きかったため、このキャラクターの公開と利用を終了します。画像使用も二次創作もお断りします!」

「【公開終了の理由】広く鳥取城跡のことを知っていただくために公表したが、賛否両論の声が大きかったため。
キャラクターの公開を続けることで、話題が鳥取城を離れて独り歩きし、上記の公開意図を逸脱する可能性が生じているため。以上のことから、公開を終了します。
【公開終了後の取り扱い】
平成26年7月10日(木)をもって、このキャラクターの公開と利用を終了します。
今後、画像及び名称の二次利用、二次創作及びその公表をお断りします。
公開終了以前に作成・公開された二次創作については、取扱要領の遵守をお願いするとともに、名称・画像の公開の自粛をお願いします。」(http://www.city.tottori.lg.jp/www/contents/1404452612763/)

この決定を受け、ネット上では早速賛成派と反対派に分かれて議論が持ち上がった。

かつ江さん賛成派「戦の巻き添えの民を描いた優秀なキャラ」反対派「悲惨な歴史をネタにするなよ」

<賛成派の声>
「『気に入らないとすぐクレームを付け、やめさせる嫌な世の中だ』とニュースで言っていた。同感。」
「籠城戦の歴史を学ぶと、見た目一発の優秀なキャラだと思うようになった」
「かつ江さんも衝撃は受けるけど、それなりに受け入れられるだろうと思ったらこの仕打ち。
巻き添え食う民は興味ないのか。」
「かつえ、可愛いじゃん! 」
<反対派の声>
「これはあかん。かつ江さんには狂気を感じる」
「ゆるくなくてガチキャラすぎた」
「悲惨な歴史をネタにするなよ」
「もう少し明るく楽しそうなのがいいと思うけどなあ。」
「まじまじと見れば見るほど笑えない感じ」
「籠城戦マスコットキャラクターという発想そのものが茶化している」
「ゆるキャラは原点回帰すべき。奇をてらったキャラばかり。
ゆるくないゆるキャラにはもう飽きた。」
「冗談でもこんな絵を応募するかねえ。それを採用する役人もおかしいよ」
(以上読みやすくするため一部修正)

など賛否両論がネット上で巻き起こっている。あるテレビニュースショーで「かつ江さん」を弁護するものがあったせいか、はじめは賛成派の声が大きかったが、徐々に反対派の声が増えている状態だ。

なお、鳥取市教育委員会に寄せられる声でも、反対派が多いようだ。朝日新聞は「10日午後4時現在、(教育委員会に)33件のメールが寄せられた。『飢餓問題に対して無神経』といった批判が27件、『歴史の真実を伝えている』といった肯定的な意見が6件だった。」(http://www.asahi.com/articles/ASG7B63YRG7BPUUB013.html)
と、報じている。

作者「かつ江さんというキャラがかわいそう」「ネット上での作品管理がずさんすぎた。もっと市民に説明を尽くしてほしかった」

これに対し作者は、毎日新聞(http://mainichi.jp/select/news/20140712k0000m040062000c.html)や朝日新聞(http://www.asahi.com/articles/ASG7B7WWVG7BPUUB017.html)のインタビューに対して、「かつ江さんというキャラがかわいそう」(朝日)「ネット上での作品管理がずさんすぎた。もっと市民に説明を尽くしてほしかった」(毎日)と訴えている。

いずれにせよ、多方面に反響を巻き起こした今回の問題、まだまだ動きはありそうな感じだ。

(画像は鳥取市公式webページのキャプチャー

http://www.city.tottori.lg.jp/www/contents/1404452612763/)

※この記事はガジェ通ウェブライターの「松平東龍」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP