ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

この夏、憧れのアフタヌーンティーはいかが?一度は足を運んでみたい高級ホテルの「アフタヌーンティー」3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫


イギリスが発祥の地とされるアフタヌーンティー。ティースタンドの上にのせられたスコーン、サンドイッチや、色とりどりのお菓子を、映画などで観たことがある人も多いはず。イギリスやその植民地で広まった習慣だが、日本でも主に高級ホテルなどで楽しむことができる。たまには、午後のひととき、ホテルで優雅に軽食とお茶を楽しんでみては?!本日は、今話題のホテルのアフタヌーンティーをまとめてご紹介。

1.【ザ・キャピトルホテル 東急・ORIGAMI】アフタヌーンティーセット「Capitol Grace」
まずは、7月より夏メニューにリニューアルしたアフタヌーンティーセット「Capitol Grace」をチェック。
オールデイダイニングのディナータイムで提供されている自慢のローストビーフや鴨のグリル、夏野菜を用いた冷製ラタトゥイユ、ベジタブルムースといったボリューム満点のセイボリー9種と、ミントのブランマンジェをはじめとしたミニケーキと焼き菓子やショコラなどのスイーツ7種を、オリジナルのお重に華やかに盛り付けてある。価格は4000円(サービス料込み)。
ほかに、「ヴーヴ・クリコ」が楽しめるシャンパンセット・フリーフローセットなども。(http://www.capitolhoteltokyu.com/ja/)

2.【赤坂エクセルホテル東急・スクエアダイニング】「和アフタヌーンティー」
次も東急系ホテルで味わえる、「和テイスト」のアフタヌーンティーを。自家製豆腐や鴨フォアグラのブロシェット、可愛らしい手毬寿司などのオードブルをはじめ、黒ゴマのプリンや抹茶の生チョコレートなど、まさに「和の粋」を集めたメニューで外国人にも大人気。お値段は2900円(サービス料込み)。2名よりオーダー可。(http://www.akasaka-e.tokyuhotels.co.jp/ja/)

3.【万平ホテル・カフェテラス】「アフタヌーンティーセット」
最後は、憧れの高級リゾート・軽井沢の万平ホテルでのアフタヌーンティーをチェック。アップルパイ、レモンパイなどのスイーツや、スモークサーモンのパニーニ、ミートローフバーガーなどホテル自慢の品々が、今年創業120周年を迎えた「軽井沢のランドマーク」のクラシックホテルで楽しめる。
今春カフェテラスに新設されたウッドデッキで、軽井沢の爽やかな風を感じながらいただくアフタヌーンティーは、まさに贅沢の極み。お値段は、紅茶セット3200円(税・サービス料別)~。こちらも注文は2名より。(http://mampei.co.jp/)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP