ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy Tab S 「SM-T700」「SM-T800」、Galaxy Tab 4 8.0 LTEモデル「SM-T335」が技適を通過

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Galaxy Tab SのWi-Fiモデルとなる「SM-T700」と「SM-T800」、そして、Galaxy Tab 4 8.0となる「SM-T335」が5月上旬に工事設計認証を取得していたことが判明しました。いずれも国内未発表のSamsungタブレットで、Galaxy Tab Sは2,560×1,600ピクセルのSuper AMOLEDディスプレイを搭載したフラッグシップモデル。Galaxy Tab 4 8.0は8インチディスプレイを搭載したミッドレンジモデルです。SM-T700はGalaxy Tab S 8.4のWi-Fiモデル、SM-T800はGalaxy Tab S 10.5のWi-Fiモデル、SM-T335はGalaxy Tab 4 8.0のLTEモデルになります。技適を通過したことを考えると、Samsungはこれらを国内でも発売する計画だと考えられます。Wi-Fiタブレットは家電量販店などで販売するつもりなのかもしれません。Source : 総務省


(juggly.cn)記事関連リンク
Android Wearで有料アプリを利用できないトラブルが発生
Android “L”プレビュー版をベースにしたNexus 7(2012)用カスタムROMが公開
“Project Tango”を使用したNASAの新型SPHERESロボは7月11日に打ち上げ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP