ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マクドナルドの一部店舗で先行販売中の「チキンフィレオハバネロトマト」を食べてみた!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

マクドナルドが2014年7月9日から発売する「チキンフィレオハバネロトマト」を食べてみました。ワールドカップ仕様のハンバーガーが販売されていない一部店舗でのみ、先行販売されています。

マクドナルドは期間限定で新しいハンバーガーを販売する事が多いのですが、今回のチキンフィレオハバネロトマトは非常にクオリティの高い完成度だと思いました。

レギュラーメニューにしても良いくらいだと思います。

まず、ハバネロソースがクリスピーなチキンの衣にぴったりなのです。そう、例えるならば、唐辛子味のスナックを食べているかのような食感と辛さ。

チキン自体の脂も少ないので、ハバネロソースの辛さが主体となって白身の美味しさを引き立てます。

脂が少ないので、ハバネロソースの辛さを一気に広げないのが良いのかも知れません。チーズがしっかりとチキンを覆っているので、濃厚な味わいもあって物足りなさを感じませんでした。

同時発売のクォーターパウンダーハバネロトマトもありますが、チキンフィレオハバネロトマトのほうが、辛さを生かしている点において、ハバネロソースとの相性は良いかも知れないですね。

チキンフィレオハバネロトマトの辛さを味わいつつ、マックフライポテトを食べるとスパイシーなポテトの美味しさも得られます。

これが結構ジャンクで絶品だったりします。

価格が499円なので、その点だけ、もう少し安くならなかったのかなと思います。ハンバーガー類はセットで注文して600円くらいが妥当だと思うのですが、皆さんの価格の感覚からするとどうでしょうか?



※この記事はガジェ通ウェブライターの「太郎改太郎」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

太郎改太郎の記事一覧をみる ▶

記者:

太郎改太郎です。趣味はヤフオク。見様見真似でライター業をしています。よろしくお願いします。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP