ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android “L” Developerプレビュー版はAndroid 4.4.4よりも33%バッテリーが長持ち

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GoogleはAndroid “L”で電力効率を改善し、バッテリーの使用時間を長くする“Project Volta”を導入しましたが、Ars Technicaによってその実力がテストされ、従来よりも33%ほど長持ちになったという調査レポートが公開されました。“Project Volta”はバッテリー消費量の削減とアプリの最適化に役立つツール群・APIのことです。Ars Technicaでは、現行最新版のAndroid 4.4.4を搭載したNexus 5とAndroid “L” Developerプレビュー版を搭載したNexsu 5で同じテストを実施しました。テストは輝度200カンデラを維持したまま、Wi-Fi経由でのWEBブラウジング時間を測定するというものです。調査レポートによると、Android 4.4.4版の使用時間は345分だったの対して、Android “L” Developerプレビュー版は471分と、約33%長く使用できたとされています。Android “L”には「バッテリーセーバー」と呼ばれる節電機能も追加されていますが、それは今回のテストではOFFの状態です。Android “L”はまだ開発途中のバージョンなのですが、既に顕著な違いを見せており、正式リリース時ではさらにバッテリーの持ちが改善されるものと期待できます。Source : Ars Technica


(juggly.cn)記事関連リンク
Lookout、誰かがスマートフォンを勝手に使おうとしたことをメールで知らせる「盗難アラート」機能を日本ユーザーにも提供開始
LG G Pad 7.0の予約受付が米国で開始、価格は$149とリーズナブル
MicrosoftはAndroidタブレット用Officeのベータテストプログラムを実施中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP