体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

小説家・深町秋生×映画ブログ「破壊屋」が映画『渇き。』の魅力を語る! 「ヒロインは薬のメタファー」

渇き。

第3回宝島社『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した深町秋生さんの「果てしなき渇き」(宝島社刊)を、『告白』の中島哲也監督が映画化。元刑事のロクデナシ親父・藤島が、成績優秀、容姿端麗、学園のカリスマでもある失踪した女子高生の娘・加奈子を探すうちに、娘の本当の姿が明らかになるという衝撃の物語が6月27日より公開となります。

役所広司が日本映画史上トップクラスのクズを演じ、暴力シーンやドラッグシーンにも果敢に挑戦しながら、中島監督らしい色彩美でポップに仕上げた本作は、ドラマの映画化や誰も得しない企画映画、難病もの、広告代理店映画ばかりが生まれる今の日本映画界において、キラリと光る希望でもあります。

今回は原作者の深町先生と、毎年読者の投票によるランキング「この映画はいったい誰が観に行くんだ!?大賞」を発表している映画情報中心のブログ「破壊屋」管理人ギッチョさんによるスペシャルな対談が実現。「今はお行儀のいい安全な時代だけど、映画はつまらなくなっている」と日本映画界を危惧するお2人に、最凶の劇薬エンタテインメント『渇き。』の見所についてお話を伺ってきました。

――まずお伺いしたいのは、「果てしなき渇き」の映画化が決まった際の率直な感想なのですが。

深町:決まりました、っていう明確な決定の日が無くて、じわじわと進んでいった感じですね。最初は宝島社『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した時に中島哲也監督が興味を持っているというお話を聞いて、その1年後にお会いして小1時間話して。内容が内容なんて無理かもしれないなと思っていたんですが、そのさらに1年後に準備稿が来てすごく面白いなと思ったけど、まだ信じがたい部分があって。

一昨年になってから映画の撮影が進んでいる事と、配役を知ってゲゲって思って。役所さんをはじめ、豪華すぎるキャスティングだったので。

破壊屋:役所広司が藤島っていうのが一番驚きですよね。キャストが決まってから「果てしなき渇き」を読み直すと、藤島のセリフが役所さんで脳内再生されるという。

6年前、一緒にレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのライブに行った帰りに飲み屋で深町さんが「俺の小説は映画化無理だろうな」と話していて、私はその時「果てしなき渇き」を読む前だったので「そうなのかな?」と思う部分もあったけど、読んだら「ああ、これは無理だ」と(笑)。

深町:やっぱりそうだよね(笑)。

――私も「果てしなき渇き」を読んだ時に、誰をも虜にしてしまう加奈子役とうのはキャスティングがすごく難しいと思っていたのですが、小松菜奈さんは見事なハマりっぷりですね。

深町:本当にそうですね。あの子が相手では皆たらしこまれるでしょう。妖しい魅力というか。新人さんを選んだからこその無垢な部分もあって、監督の手腕ですよね。

破壊屋:あんな子いたら確かに野球部辞めるわっていう。原作だと野球部を辞めるあたりの描写もすごくリアルですよね。あれって深町さんの実体験に近いんですよね?

深町:小説の中の瀬岡(映画では「ボク」)みたいに暴行されたりだとかは無くて、全てが実体験なわけではないけど、野球部で酷い目にあったというのは本当で。体育会系的なものに対して常に反逆する性質が身に付いてしまって。26、7の時に書いたのですが、サラリーマンをやっていて全然面白く無くて。当時「リタリン」という強力な精神賦活剤を処方されていたのですが、これは今では規制が厳しくなって、簡単には処方されない薬になりました。、それを飲んでハイになっていたりしたんですが……。

次第に耐性が出来てきて1錠が2錠に、2錠が3錠と量が増えていって、そんなにたくさんには医者も処方してくれないですから、ナルコレプシーという睡眠障害用の薬を海外から輸入してきて飲むという薬中心の生活になってしまって。「果てしなき渇き」は半分イカれた状態で書いていたわけです。だから、今思うと加奈子ちゃんっていうのはリタリンのメタファーかもしれません。

破壊屋:なるほど! 加奈子は薬のメタファーなんですね。

深町:薬がたくさん出てくるから暗喩しているわけじゃないんだけど。その時はハイになるけど、後から疲労がどっと来て10数時間寝てしまうという。翻弄されていましたね。

1 2 3次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy