ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

妖怪ウォッチがバージョンアップ! 『DX妖怪ウォッチ タイプ零式』 過去製品との互換性はナシ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

「♪カイカイ キイキイ クイクイ ケイケイ こいこい妖怪ウォッチっち♪」というわけで小学生を中心にアニメ、ゲーム、おもちゃが爆発人気の『妖怪ウォッチ』。ゲームは累計出荷数100万本突破、アニメは2014年12月20日に映画化も控え、まさに絶好調。

映画『妖怪ウォッチ』公式サイト
http://eiga-yokai.jp/ [リンク]

こと、おもちゃの『DX妖怪ウォッチ』と『妖怪メダル』は、いまだに全国的な品薄状態が続いている状態。
プレミアがついてしまった『DX妖怪ウォッチ』(2014年1月11日発売)はメーカー希望小売価格3200円(税抜)のところ、12000円や15000円といった市場価格で取引されてしまってところもあるほどだ。

そんな大人気の『妖怪ウォッチ』の新型が発売されることになった。
その名も『DX妖怪ウォッチ タイプ零式(ぜろしき)』

もともと、『DX妖怪ウォッチ』は、メダルを入れて読み取ると8種の“召喚ソング”に加え、メダルに対応したキャラクターボイス(合計220種類以上)が流れるというのが特徴。
TVCMや『コロコロコミック』などによると、『タイプ零式』では、1枚のメダルから2種類のボイスに対応したとみられ、160種類以上の妖怪登場ボイスを収録しているという。サイトでは従来品の召喚ソング「♪プリチー!オレッチ、トモダチ!ふくわウチー!」とあったものが、『タイプ零式』では「♪プリチー!召喚でアリマス!」と書かれているので、召喚ソングも変化したようだ。

『タイプ零式』のフレームには「0」「1」「2」の切り替えが刻印されていて、「2」で読み込むと「必殺技が変化」するという。この「変化」した必殺技が2種類目のボイスなのだろう。ちなみにジバニャンの新必殺技としては、『おそ松くん』イヤミの「シェー」のポージングよろしく、「ニョエー」としている画像も確認されている。ニョエー!

ただし、こうした新機能との兼ね合いか、これまでに登場した銀色フレームの『妖怪メダル』との互換性は残念ながらなくなっているようだ。

『タイプ零式』に対応したメダルは緑色フレームの『妖怪メダル零 Zメダル』、そして赤色フレームの『妖怪メダル零 古典メダル』の2種類。まずはそれぞれ20種類、合計40種類の発売とのことなので、これまでの『妖怪メダル』220種類への追加ラインナップとなるのか、はたまた完全にリニューアルされる形となるのかは不明である。

TVCMでは『ジバニャン』などのおなじみの妖怪から(ゲームでは既出だが)『どんどろ』『一反ゴメン』『まてんし』などの新規“イマドキ”妖怪、『一つ目小僧』『河童』(ナミガッパとは別)、『から傘お化け』などの“古典”妖怪の名前が確認できる。

『Zメダル』、『古典メダル』は7月12日(土)発売予定、一袋2枚入りでそれぞれ全20種類の合計40種類、希望小売価格180円(税抜)となっている。そして『DX妖怪ウォッチ タイプ零式』は8月2日(土)発売の予定で希望小売価格は3200円(税抜)だ。

7月10日(木)に発売を控えた3DS新作ゲーム『妖怪ウォッチ2 本家/元祖』ゲーム内でも『妖怪ウォッチ タイプ零式』が登場するようだ。

隙の無い布陣で発売間近となった各商品、まだまだ勢いは止まら無さそうだ。

おもちゃ紹介『DX妖怪ウォッチ』
http://yw.b-boys.jp/member/products/watch/ [リンク]

おもちゃ紹介『DX妖怪ウォッチ タイプ零式』
http://yw.b-boys.jp/member/products/watch2/

※画像は映画『妖怪ウォッチ』公式サイト、ヨドバシ.com および 3DSゲーム『妖怪ウォッチ2』サイトよりスクリーンショットとして引用

wosa / おさだこうじの記事一覧をみる ▶

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP