ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「彼と別れるとき慰謝料1500万円貰いました」塩村文夏都議のバラエティ番組での発言で議論に

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

昨日6月20日、ガジェット通信でお伝えした

都議会でのヤジ「早く結婚すればいい」「産めないのか」 発言した議員を特定し厳正な処分を求めるオンライン署名活動

という記事。

21日の11時現在、署名した人は6万人を突破しているようだ。

一方、ヤジを受けたみんなの党の塩村文夏議員は、明石家さんまさんが司会をつとめていた日本テレビ系列のトークバラエティ番組「恋のから騒ぎ」に出演していたのだが、現在ネットではそのときの発言が掘り起こされ大変話題になっている模様。

元ミスコン6冠で、ミスヤングマガジンという華々しい経歴をもつ塩村議員。

2007年5月19日にオンエアされた番組では、

「今まで付き合った人は(別れるときに)慰謝料をくれた」

と発言。
さんまさんが

「一番くれた人で、どれぐらいの金額を渡しはったんや?」

と尋ねると、にっこり笑いながら

「1500万円」

と答え、他の出演者から「えーっ!?」という驚嘆の声があがる。

ゲストの泉谷しげるさんからは

「おまえ詐欺師だな」

と言われていた次第。

ネット上にはそれ以外にもなかなか過激な言動の動画がアップされているようだ。

そして、そういった過去のバラエティ番組での発言は今回切り離して考えるべきだと言う人と、そういった過去があるからヤジを飛ばされてもある程度は仕方ないといったような考えの人とで現在議論がなされているようである。

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP