体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今度はドコモから!シャープのAndroid搭載スマートフォン『LYNX SH-10B』発売へ

LYNX SH-10B

5.0インチのタッチパネル液晶と5列のQWERTYキーボードを搭載するシャープのAndroidスマートフォンが、NTTドコモの夏モデルとして発表されました。発売予定は7月。レビュー用にお借りしたところ、ガジェット通信編集部で大人気だったauの『IS01』と同スペックの端末とみられます。

PCサイトのコンテンツやサービスを楽しめるほか、ワンセグ放送の視聴に対応。SNSの『mixi』やミニブログ『Twitter』のウィジェット、『Google検索ウィジェット』『ブログ投稿ウィジェット』など20種類のウィジェットを搭載し、さらに『SH Widget Gallery』からダウンロードしたウィジェットでカスタマイズできます。『ドコモマーケット』からAndroidアプリをダウンロードすることも可能です。

ブルーレイディスクレコーダーと連携する機能もあり、レコーダーに撮りだめた番組を持ち出して640×360、30fpsの映像として再生できます。本体で撮影した静止画や音楽を『AQUOS』の大画面とスピーカーで再生できるDNLAサーバー機能にも対応。

本体は960×480ピクセルのタッチパネル液晶、パンタグラフ式のキーボード、約530万画素の顔検出オートフォーカスカメラ、画面側のインカメラ、トラックボールを搭載し、『IS01』と同様のスペック。本体表面は『IS01』のようなシボ加工ではなく、つるりとした外観のようです。カラーもレッドとホワイトの2色で、ちょっと“メガネケース感”は薄まったかも。

LYNX SH-10B

詳細は後日発表とのこと。続報をお待ちください。

『LYNX SH-10B』主な仕様
サイズ:W148×D83×H17.8mm
重量:約230g
3G連続待ち受け時間:約280時間
連続通話時間:約310分
メインディスプレー:約5.0インチ 960×490ピクセル フルワイドVGA NEWモバイルASV液晶、6万5536色
外部メモリー:microSD(2GB)、microSDHC(16GB)
外側カメラ機能:顔検出オートフォーカス対応CMOSカメラ(約530万画素/約500万画素)
内側カメラ機能:CMOSカメラ(約43万画素/約41万画素)
本体カラー、Red、White
海外通話:3G
ミュージックプレーヤー機能:WMA、MP3に対応
Bluetooth:バージョン2.1+EDR
FOMAハイスピード:下り最大7.2Mbps(HSDPA)、上り最大5.7Mbps(HSUPA)

■関連記事
じわっと気になる!?au『IS01』のアソコをチェック!
ちゃんと電話だった!auの新スマートフォン『IS01』製品レビュー
シャープからau向けAndroid搭載スマートフォン『IS01』発売へ

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。