ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サンフランシスコ+東京=“サンフランソーキョー” ディズニーアニメ最新作『ベイマックス』公開日&コンセプト画解禁

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


「アナと雪の女王」で歴史を塗り替える驚異的大ヒットを記録しているウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ。そのスタジオ最新作『ベイマックス』の公開日が12月20日に決定し、舞台となる「サンフランソーキョー」のコンセプトアートが解禁。サンフランシスコと東京が融合したかのような架空都市の設定が少しずつ明らかになってきました。

唯一にして最愛の存在であった兄タダシを謎の事故で亡くしてしまった ひとりぼっちの少年ヒロと、心と身体を癒すために作られたケア・ロボットの“ベイマックス”が繰り広げる感動アドベンチャー。日本の鈴をイメージしてデザインされたつぶらな瞳を持ち、白くて、丸くて、大きくて、柔らかくて、見ているだけでも癒される究極のケア・ロボット“ベイマックス”は、どんな奇跡を巻き起こし、どんな感動を世界中へ届けるのか?


最新技術分野の頭脳とも言える人材が集まる「サンフランソーキョー」には、随所に日本の大きな影響がみられ、コンセプトアートの街の看板にも「~~不動産」「空手~~」「~~歯科」「~~カメラ」「~~マンション」など、その半数近くが日本語表記で書かれています。

ディズニー作品は過去にも“日本”をテーマ取り入れ、その徹底的なリサーチと高次元のデフォルメにより描かれる世界観は常に話題となってきました。

ディズニー/ピクサー作品『カーズ2』では世界最速のレースカーを決めるワールド・グランプリ・シリーズ開催地に日本が選ばれ、おんぼろレッカー車のメーターが驚愕した“ウォシュレット”など細かいディティールが話題に。メーターがピスタチオアイスと勘違いして、お寿司の横のワサビを山盛り食べちゃうシーンは笑えました。

また、ディズニー・アニメーション作品『シュガー・ラッシュ』では、日本生まれのゲームキャラクター、「ストリートファイター」シリーズのザンギエフ、「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」のソニック、「スーパーマリオ」シリーズのクッパなどを登場させ、また、主人公や登場人物のモデルに“原宿ガール”ファッションを参考にするなど、随所に日本カルチャーが登場。

『ベイマックス』でもそのスピリットを継承し、東西の文化が融合し最新技術分野の頭脳が集まる「サンフランソーキョー」が誕生。“ベイマックス”の魅力的キャラクターと並び、この町でディズニーが描く“日本”の要素も楽しみの1つになるでしょう。

(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.

カテゴリー : ガジェ通 タグ :
藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP