ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

センサーで読み取った色を再現するペンが開発中、1600万色の組み合わせが可能!

DATE:
  • ガジェット通信を≫
Scribble2

何か物を見ながら絵を描くとき、実物に近い色をなかなか再現できない、という経験はあるだろう。例えば、赤色ひとつとってみても、深みのある赤、朱色、ピンクっぽい赤など幅がある。

そうした色の細やかな違いを、実際に物体の色をスキャンして、そのデータをもとに再現するというペン「Scribble」が米国で開発中だ。「再現できる色は1600万色」とうたっている。

Scribbleは紙に書くインクタイプと、タッチスクリーンで使用するスタイラスの2種類がある。どちらも、ペンの先端と反対の側にスキャナーとマイクロプロセッサーを備えていて、物体にかざしてボタンを押すと色を読み取る。

インクタイプは、シアン、マゼンダ、黄、白、黒の5色のインクカートリッジを使い、読み取ったデータをもとに色をミックスして再現してくれる。

スタイラスにはカートリッジはなく、専用アプリをダウンロードしたタブレット端末などとBluetoothで連携させて使う。どちらのタイプもリチウムイオン電池で動き、充電して何回でも使用できる。

Scribble

大きさは長さ16センチ、直径1.5センチ(スタイラスは1.3センチ)、重さ39グラム(同34グラム)。普通のペンより若干重いが、子どもでも十分持てる。

なので、例えばぬいぐるみの毛をスキャンして、紙にその色でぬいぐるみを描くという使い方ができ、子どものお絵描きもよりハイテクな遊びになりそうだ。

資金調達サイトKickstarterで間もなく展開するキャンペーンでは、インクタイプが149.95ドル、スタイラスは79.95ドルと正規価格の20%オフで入手できる見込み。

サイトでメール登録をすればキャンペーン開始をいち早く知らせてもらえる。

Scribble

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。