ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「意図的な歪曲や捏造ではありません」 『週刊金曜日』が「舞の海氏の“排外発言”記事についての見解」を発表

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


6月6日、『週刊金曜日』がサイトに
舞の海氏の「排外発言」記事についての見解
http://www.kinyobi.co.jp/news/?p=3056[リンク]
という文章を掲載した。

5月9日号の『アンテナ』欄8ページに掲載した記事
“昭和天皇万歳”集会で 舞の海氏が排外発言
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140522-00010000-kinyobi-soci[リンク]
が5月22日にネット配信されて以後、この記事を非難する声がネットで広がり、意見の電話が3本あったという。

記事では

「外国人力士が強くなり過ぎ、相撲を見なくなる人が多くなった。NHK解説では言えないが、蒙古襲来だ。外国人力士を排除したらいいと言う人がいる」と語ると、参加者から拍手が湧いた

とあり、ネット上では
「講演の動画を見ると、排外というよりはむしろ、モンゴル人力士を称える内容の講演だ」
「記事は都合よく切り貼りしている」

という意見が多くみられたとのこと。これに対して、

当日取材した会場や参加者の雰囲気も踏まえて記事化したもので、意図的な歪曲や捏造ではありません。

としている。また、

そもそも記事の趣旨である「昭和の日をお祝いする集い」について考えないと言葉の意味は伝わりません。主催のNPO法人「昭和の日」ネットワークの役員には石原慎太郎氏や櫻井よしこ氏らも名を連ねています。中国、朝鮮半島に対して差別的・好戦的発言を繰り返している人たちです。最大の差別・排外行為は戦争という殺人行為です。日清戦争、日露戦争、太平洋戦争などで、多くの日本人や外国人が昭和天皇のために亡くなりました。それを正当化する集会そのものが排外的な意味を帯びています。

といったものや

「昭和の日、素晴らしいじゃないですか」という“抗議”の電話もいただきましたが、そもそもこの集会に違和感を持たない方に、舞の海氏発言への違和感は共有できないのかもしれません。

といったような記述も。最後は

今後ともより正確な記事の提供に努めたいと思います。

という文章で締めくくっているが、今回示された見解については議論になりそうである。

参考動画:舞の海秀平さんが相撲漫談@昭和の日お祝いする集い(Youtube)
http://youtu.be/sdzqi28XBgM?t=59m5s[リンク]

※画像は『週刊金曜日』のサイトより

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP