ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【トイザらス】今年の夏はコレがクル!? 店舗スタッフオススメ&イチオシのアイテムを先取りレポート!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

世界的に有名な玩具・子ども用品の総合専門店『トイザらス』。こちらの店舗の中でも都内の大型商業施設『サンシャインシティ』内にある『トイザらス・ベビーザらス 池袋サンシャインシティ店』に伺い、オススメのアイテムや今年の夏のイチオシアイテムについてお話しを聞いてきちゃいました。お話しを伺ったのはアシスタント・ストア・ディレクターの越川 初さんです。

今年の夏はコレがクル!?

夏のイチオシ商品として、揉むだけでドリンクがフローズンになる『チルファクター』、超進化を遂げた水鉄砲『スーパーソーカー』の2商品をご紹介いただきました。

揉むだけでドリンクがフローズンに……! 『チルファクター』


越川さん:これが今年の新商品の中でもイチオシの『チルファクター』です。中に冷却材が入っていて、カップごと凍らせることで、ジュースや炭酸飲料などを入れて「モミモミ」するとフローズンドリンクが出来るんです。

――も、揉むだけでフローズンドリンクが!? ドリンク以外に何かを入れる必要はないんですか?

越川さん:他には必要ありません。この「揉む」という事でおもちゃ的な要素も楽しんでいただきたいと思っています。お子様だけでなく、中身を変えれば大人の方も楽しみながら手軽に自分だけのオリジナルフローズンドリンクを作っていただけます。

――大人も手軽に……ですか、なるほどなるほど……。
という訳で、実際に編集部で体験してみました。

某ミルクティー、某スポーツドリンク、某コーラ、某翼の生えるドリンクをブローズンドリンクにするとどうなったのか、それは実際に動画でご確認下さい。

水鉄砲はここまで進化した! 『スーパーソーカー』


越川さん:『スーパーソーカー』は米国ブランドの水鉄砲シリーズで、飛距離の長さなどが特徴です。「スーパーソーカー」シリーズは数年前から取り扱いをしているんですが、人気は相当なもので夏前に品切れてしまう事もあるんです。

――これは絶対に面白いですからね! 飛距離以外の特色はあるんでしょうか?

越川さん:手動タイプや電動タイプがあり、種類によって3ヶ所から発射されるものや氷を入れて冷たい水を出せるもの、機動性にとんだ簡易的なタイプなど多種多様で、このシリーズをスタッフ内で試遊した時にはかなり熱中してしまいましたね。

確かに手に持った瞬間に心の底から沸き上がる高揚感は格別です!

副店長のオススメは?

――せっかくですから越川さんのオススメアイテムをご紹介いただけませんか?


越川さん:
わかりました。まずは『リップスティック デラックスミニ』です。小学生くらいのお子様を中心に大人気です。一見するとスケボーのように思えますが実際に乗るとスノーボードに近い感覚です。体をひねりながら前に進みます。


越川さん:続きまして、『プラズマカー』です。電池やモーターを使わずにハンドルを交互に動かすだけで前進・後進・方向転換ができる乗り物なんです。エコでもあるし、簡単に操作できます。制限体重は100kgまでOKなので、お子様だけでなく大人の方や親子などの2人乗りでも楽しむことができます。この通り、弊社スタッフが乗っても大丈夫です。


越川さん:『スーパーサッカースタジアム』も人気アイテムの一つです。サッカー中継があった後の週末などはとても反応が良く、ワールドカップの時期は更に人気が出るのではと期待しています。テレビゲームとは異なり、実際に体を動かすことで熱中度が高まるのがアナログゲームの良いところですね。


越川さん、丁寧に対応して頂き、ありがとうございました!

玩具店に足を運んだのはそれこそ幼少期以来でしたので進化した玩具に驚きを隠せませんでした。ここまで出来が良いとお子様向けにと購入して結局自分が一番楽しんでしまうという親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか。私にも、もし子どもができたら一緒に買い物に来てみたいものです。きっと子どもと同じようにワクワクしながら店内を回るんだろうなぁと思います。……結婚できそうな空気なんて微塵もありませんけどもね、ふふふ。

『トイザらス・ベビーザらス 池袋サンシャインシティ店』
住所:〒170-0013 東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ文化会館B1F
電話番号:03-3983-5400
営業時間:10:00-21:00

日本トイザらス
www.toysrus.co.jp

※紹介商品は品切れや一部店舗で取り扱いのない場合があります。
※店内の様子は5月26日(撮影時)の状況です。

せんとすの記事一覧をみる ▶

記者:

ゲーム系のレビュー記事などを書かせて頂いております。宜しくお願いいたします。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。