ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

故ギーガーによるデザイン画も! ホドロフスキー版『DUNE』幻のストーリーボードお披露目決定

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


「これがなければ『エイリアン』は生まれなかった」と言われ、『スター・ウォーズ』や『ブレード・ランナー』などのSF映画に多大なる影響を与えたと言われている、ホドロフスキー版『DUNE』。未完成に終わった幻のストーリーボードがなんと日本で発見。先頃亡くなった『エイリアン』のH.R.ギーガーによるデザイン画や、フランスのコミック作家メビウスによる壮大な絵コンテなど超貴重な資料が、「パルコ ギャラリーX」で公開される事が明らかになりました。


『ホドロフスキーのDUNE』はアレハンドロ・ホドロフスキー監督が映画化に挑みながら、実現に至らなかったことで知られる『DUNE』に迫るドキュメンタリーで昨年の第26回東京国際映画際で上映され話題を呼びました。

本作の中で度々登場する『DUNE』のストーリーボード集は、先頃亡くなった『エイリアン』のH.R.ギーガーによるデザイン画や、フランスのコミック作家メビウスによる壮大な絵コンテが描かれたこの“分厚い本”は映画の資金を得る為に作られ各映画制作会社に配られた物だそう。

昨年10月の東京国際映画祭で来日したフランク・パヴィッチ監督が上映後のティーチインで、このストーリーボード集について「全部で20冊ほど制作され、現在確認できているものが2冊。ホドロフスキー監督が1冊、プロデューサーのミシェル・セドゥー氏が1冊持っています。そしてもう一冊、日本にあるかもしれません! リサーチしたところ10年前にeBayで出品され、それを落札したのは日本人だったということです」と発言。

これに伴い配給のアップリンク、パルコでは、映画の公式サイトやTwitterなどでストーリーボード集を所有している方を探していたが見つからず、呼びかけから半年以上経過した5月の半ば、遂に所有者の方が自ら名乗りを上げ、その存在が明らかになったのです。

今回見つかったのは、いくつかのページを抜粋して構成され、限定で製作されたホドロフスキー版『DUNE』絵コンテ集、通称”赤版”。

所有者の男性はもともとメビウスのファンで、フランク・パヴィッチ監督が言うように、約10年前にeBayで、フランス人から落札したそう。5月のある日、映画館の予告編で『ホドロフスキーのDUNE』の予告を観て、「あれ……? これ、ウチにあるのと同じだ」と思い映画のHPを見たところ、配給のアップリンクとパルコがストーリーボードを探していることを知り、連絡をしたとのこと。なんて素晴らしいお人なのだ! ホドロフスキーファンはもちろん、故ギーガーのデザイン画は必見。皆、渋谷へ急げ。

アレハンドロ・ホドロフスキー展『芸術に許可が必要だと?』

展示物:DUNE幻のストーリー・ボードなど
期間:2014年6月14日(土)〜2014年6月30日(月)
会場:パルコ ギャラリーX 東京都渋谷区宇田川町15-1
主催:Vice Media Japan株式会社
協力:PARCO, UPLINK
DUNE ストーリーボード貸出協力:前田道一

『ホドロフスキーのDUNE』は6月14日(土)より、新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷アップリンクほか、全国順次公開。

http://www.uplink.co.jp/dune/

(c) 2013 CITY FILM LLC, ALL RIGHTS RESERVED

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP