ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

梶裕貴=ツッコミ王子・浪川大輔=最強執事! 珍しいキャラ割が楽しいドラマCD『ロイヤルフラワー』[オタ女]

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
91IwqcgeUkL._AA1500_

平凡な女子高生の前に“花の国の王子様”が突然現れた事から始まる恋愛シュミレーションアプリ「ロイヤルフラワー」。スピンオフ作品となるドラマCD「ロイヤルフラワー 〜三泊四日! 素敵な王子様になる講座〜」がリリースされ、梶裕貴さん、鳥海浩輔さんら豪華声優陣からのコメントが到着しています。

「ロイヤルフラワー 〜三泊四日! 素敵な王子様になる講座〜」は、プリにも登場する、4人の王子様が立派な王子様になるために奮闘する様子を描いた、笑いあり、涙あり、絆ありのドタバタストーリー。コメディタッチの内容で、王子様達の和気あいあいとした会話や、漫才のような掛け合いを楽しむことが出来るので、男性声優ファンにはたまらない内容。

おまけとして「王子様からお姫様に捧ぐ1Oの言葉」が収録されているので、王子様に耳からエスコートされる様な甘〜いボイスを楽しむ事が出来ます。

出演声優は梶裕貴さん、瀬名快伸さん、鳥海浩輔さん、三木眞一郎さん、浪川大輔さんといずれも人気声優ばかり。6名からのコメントは以下のとおりです。

スクリーンショット 2014-05-29 18.26.03

■印象に残ったシーン、台詞はありましたか?

梶裕貴さん(サルビア国王子のアヤト役):キャラクターでツッコミ役を演じる事があまりないので、アヤトの「関東風ツッコミ」がすごく印象的でした。

瀬名快伸さん(ブルーローズ国王子のルシア役):女装するシーンですね(笑)。素敵な王子様になりにきたのに、なぜかお姫様に……。ジョカの趣味なのか!?

鳥海浩輔さん(ブラックリリー国王子のレノア役):自分のキャラクターは結構ツンツンしてるというか、無口なキャラクターだったので、他のキャラクターの方が印象に残ってますね(笑)。特に浪川さんが演じるジョカが。かなりぶっ壊れてたみたいで…(笑)。

三木眞一郎さん(サンフラワー国王子のハルクード役):印象というか気になった所なんですが、ジョカにやられなきゃいけないっていう所ですね! キャラクターというか…ジョカの中の人の問題なんですが(笑)。台本を読んでる段階から気になりましたね(笑)。

浪川大輔さん(フラワーキングダム最強執事のジョカ役):普段は言えない台詞が言えたのが楽しかったです。自分の事を「最強」って言っちゃうとか(笑)。後、執事だけど講師っていう役柄なので、採点というか……。減点するのも楽しかったです(笑)。

■ファンの方に一言

梶裕貴さん:全力でツッコミ王子を目指します(笑)。これからの展開を見守ってください、よろしくお願いします。

瀬名快伸さん:収録しながらの掛け合いが面白過ぎて、何度吹きそうになったことか…(笑)。現場の楽しい雰囲気も相まって、すごく楽しい作品になっていると思うので、そういう掛け合いも聴いて頂ければなと思います。アプリでゲームも配信されているので、そちらも気にして頂ければなと。

鳥海浩輔さん:みなさんも仰ってますけど、スマホでアプリも出ていまして…。ゲームも触れて頂いて、そしてドラマCDにも触れて頂いて、皆様に応援して頂ければなと。この作品は今後何かあると思うので、目指すその先へ我々と一緒に走っていって欲しいなと思います。

三木眞一郎さん:アプリゲームも出ているので、この記事を読んで作品を知った方はぜひゲームもトライして、このCDも聴いて頂ければと。そして今後のキャラクター達の行く末を案じて頂ければと思います。楽しい出来になっていますので、お耳にして欲しいです。

浪川大輔さん:素敵な王子様になる講座という事で。作品の中で王子様達、そして聞いてくれている人も成長出来るようなストーリーになっています。末永い作品になるといいなと思いますので、ぜひぜひ王子様たちを応援して頂ければなと。ジョカは講師なのであまり変化はないかもしれませんが、どんどん濃くてクセのある魅力的なキャラクターにしていきたいです(笑)。

ドラマCD『ロイヤルフラワー 〜三泊四日! 素敵な王子様になる講座〜』
発売日:2014年5月28日
定価:2,980円(税込)
制作:CUCURI
発売元・販売元:DreamWalker

http://www.cucuri.co.jp/royalflower.html

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。