ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ディズニーアニメ最新作『ベイマックス』(原題:Big Hero 6) 主人公は戦闘力ゼロの優しいロボット!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


「アナと雪の女王」で歴史を塗り替える驚異的大ヒットを記録しているウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ。そのスタジオ最新作のタイトルが『ベイマックス』(原題:Big Hero 6)に決定、ファーストビジュアルが解禁となりました。物語の舞台は、日本をモデルにした架空都市! 2014冬の公開を前に、未だ謎多き作品の情報が少しずつ明らかに。

本作の主人公は、心と身体を癒すために作られたケア・ロボット“ベイマックス”。日本の「鈴」をイメージしたというつぶらな瞳を持つ白くて大きな身体がどんな活躍を見せるのか、魅力的なキャラクターを次々と生み出すディズニー・アニメーション・スタジオだけに期待が高まります。

舞台は、サンフランシスコと東京が融合したかのような架空都市、サンフランソーキョー。随所に日本の影響がみられるこの都市は、東西の文化が見事に融合し、最新技術分野の頭脳とも言える人材が集まっている。この都市に住む“14歳の天才少年ヒロ”と“兄のタダシ”は、幼いころに両親を亡くした2人きりの兄弟。

ヒロにとって唯一にして最愛の存在であった兄タダシが、ある日、謎の事故によって帰らぬ人となり、ひとりぼっちになった彼は深く心を閉ざしてしまう─。傷心のヒロの前に突如現れたのは、空気で膨らんだ白くて大きな体を持つ“ベイマックス”。彼は、亡き兄タダシが人々の心と体の健康を守るために開発したケア・ロボットで、苦しんでいる人を癒やすことしかできないロボット。

「どのくらい痛いですか?」「泣きたい時は泣いていいのですよ」……ひとりぼっちのヒロに寄り添う“ベイマックス”のやさしさに少しずつ元気を取り戻し彼は、兄の死に疑問をいだきその謎を追う。世界の脅威となる巨悪の存在に気づいたヒロは、兄のために戦う決意をする。しかし彼の味方は戦闘能力も戦闘意欲もゼロの、優しすぎるケア・ロボット“ベイマックス”だけ。

“戦わないこと”を運命づけられた、優しすぎるロボット──彼は世界を救うことができるだろうか?そして、亡き兄タダシが“ベイマックス”に託した驚くべき使命とは? ディズニーが日本の文化にインスパイアされ生み出した、かけがえのない絆と限りない勇気を描く最高のエンターテイメントはこの冬最大の話題作となるでしょう。

(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.

カテゴリー : エンタメ タグ :
藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP