ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お店丸ごと鳥グッズ! 『バードモア 南青山店』店長さんインタビュー

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


表参道駅から徒歩約7分。アクセス良好なおしゃれスポットの南青山に4月オープンしたばかりの鳥専門店『BIRDMORE(バードモア)南青山店』さん。こちらのお店で主に取り扱っているのは、鳥用品(おもちゃ/フード/ケージ)や雑貨、作家さんのグッズの委託販売。今回は、こちらのお店の看板鳥“ハロちゃん”とともに、店長さんへインタビューしてみました。また、専門店ならではのオリジナルグッズ満載の店内もご紹介します。

※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/584689

アクセス良好! 看板鳥の“ハロちゃん”はみんなの人気者♪


お店は可愛いイラストの看板が目印です! 取材時は平日昼間にもかかわらず、鳥を愛してやまないお客さん達で賑わっていました。


お店に入ると看板鳥のハロハロちゃん(愛称:ハロちゃん)がお出迎え。「アオメキバタン」という種類のハロちゃん(1歳)は優しい店長さんにベッタリ! 


撮影しようとしたら驚かせてしまいました。ごめんよ……。


おしゃべりも上手なハロちゃん。お客さん達にも大人気です!

店長さんインタビュー

看板鳥のハロちゃんに出会ってさっそく心を鷲掴みにされてしまった筆者。犬やハムスターとの生活経験はあるものの、鳥のことに関しては全くの初心者です。店長の木幡さんから、興味深いお話をたくさん伺うことができました。

――鳥さんの平均寿命はどれくらいなのでしょうか?

店長・木幡さん(以下、木幡):体の大きさに比例して伸びていきますね。小さい「セキセイインコ」だと大体15年くらいで、大きめの「オウム」だと50年くらいは生きます。よく飼われている「オカメインコ」も30年以上は生きますね。寿命が長いので、一度お家に迎えたら一生付き合っていけるというところも魅力の一つなのではないかと思います。世代を超えて家族で飼われているという方も多いですよ。

――かなり長いですね! 

木幡:そうですね。鳥は散歩なども必要無いので、一緒に年をとって高齢になっても飼いやすいというのも魅力です。1日1時間ほどお部屋に出してあげれば大丈夫なので、体力もそれほど必要ありません。あとは霧吹きなどで「水浴び」をさせてあげたりもしますね。自分で羽繕いもします。

――確かに、お風呂にいれないのに本当にキレイですよね。 
懐いてくれたりはしますか? 人見知りとかは……?

木幡:その子の性格にもよりますが、ヒナのころから育てられれば大体懐いてくれますね。あとは鳥種にもよります。人懐っこい傾向もあれば、人見知りしやすい傾向もあります。おしゃべりの頻度なども個体差がありますが、男の子の方がよく喋る傾向はありますね。

――なるほど! お家に迎える時は自分の好みをちゃんと相談して、実際に会ってじっくり選びたいですね。
インコや文鳥、一般的に性格にはどのような傾向があるのでしょうか?

木幡:インコの中でも人気の種類ですと、「セキセイインコ」は適応力があっておびえることも少なく、かなり飼いやすいですよ。おしゃべりも上手です。一回り大きい「コザクラインコ」は、気が強めの子が多いですがその反面甘えん坊なところもあり、ツンデレなところが魅力ですね(笑) さらに一回り大きい「オカメインコ」はすごく甘えん坊で優しくておっとりしている傾向があります。その代わり怖がりなところも少しあります。「文鳥」は小さいのに気が強く、逆にその気の強さが可愛いです。人にもよく懐きますよ。

――あとは飼育時のニオイなどは気になるところかと思うのですが……?

木幡:主に穀物類を食べるので、実はそれほど気になりません。あまりニオイ対策などで苦労されている飼い主さんはいないと思います。逆にウンチのニオイが気になるという場合は、体調が優れずお腹の中で菌が増えたりしている可能性も考えられるので、病院に連れて行ってあげた方が良いですね。

――思っていたよりも飼いやすそうですね。
最近はどんな種類の鳥さんが人気なんでしょう?

木幡:文鳥は最近特に人気ですね。インコはやはりセキセイインコ、コザクラインコ、オカメインコの3種類が一般的に人気ですが、最近はオカメインコよりも大きい種類を飼われる方も多いです。

――どんな方に鳥さんとの生活をオススメしたいですか?

木幡:飼う上で体力が本当に必要ないので、本当に幅広い年代性別の方が楽しめるとは思いますが、一人暮らしの女性には特にオススメですね。

――ありがとうございました!

どれにしようか迷っちゃう! 専門店ならではのオリジナルグッズもアリ


店内には鳥グッズがずらり。どちらを向いても鳥! 鳥! 鳥!


カラフルなぬいぐるみやマスコット類。


こちらは作家さん手作りのグッズの委託販売。現在約50名の作家さんがいらっしゃいます。1点もののグッズや人気作家さんのグッズはすぐに売り切れてしまうので、こまめなチェックをオススメします。お店のブログでは新入荷商品も確認できますよ。


おもしろステッカーやハガキ、ポスターもインパクト大!


こちらは食器類。


色違いで欲しくなる! 箸や箸置きも人気グッズのひとつ。


鳥との生活にはかかせない、フード類の種類も豊富です。


色や形で鳥が興味を持ちやすいペレット。バランスの良い栄養で健康をサポート。


鳥の種類に合ったブレンドのフードも! パッケージもオシャレ。


こちらは赤穂の量り売りコーナー。本店でも定番人気商品なのだとか。穀物価格が上がろうとも、円安になろうとも、消費税が上がろうとも「1g、1円」という価格を守り続ける店長さんの心意気に拍手です!


こちらは量り売りコーナー。一緒に食べられそうなほど美味しそうなものも。


鳥用の乳酸菌まで! 


こちらはケージ類。


こだわりのオリジナル商品もあります。


こちらはおもちゃ類。カラフルなものから自然派のものまで多数揃っています。これはいくつでも買い与えたくなってしまいそう!

いかがでしたか? お店の近くには、ちょうどこちらのオープンと同時期に「ことりカフェ」さんも偶然オープンしたのだとか。お買い物に来た時には必ずこの2店舗をハシゴ! という鳥好きな方達も多いそうです。ひそかに鳥好きのスポットとして成長しつつあるのかもしれない南青山。ショッピングで近くに行った時には『BIRDMORE(バードモア)南青山店』に是非遊びに行ってみてはいかが? 現在鳥を飼っている人はもちろん、そうでない人も、鳥の新しい魅力に気付けること間違いなしですよ!

お店情報:鳥専門店『BIRDMORE(バードモア)南青山店』

■店舗所在地:〒107-0062 東京都港区南青山6-13-9-B1階A
■電話番号:03-6427-6125(FAX共用)
■営業時間:11時~19時
■定休日:なし(年末年始に臨時休業)
■アクセス:東京メトロ半蔵門線、銀座線、千代田線 表参道駅 B3出口より徒歩約7分

※埼玉の「みずほ台本店」には物販だけでなくインコなどの生体販売もあり。
鳥専門病院も併設しています。

公式ホームページ:鳥専門店BIRDMORE(バードモア)
http://www.birdmore.com/[リンク]

しゃむの記事一覧をみる ▶
しゃむ

記者:

食いしん坊万歳!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP