体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お店丸ごと鳥グッズ! 『バードモア 南青山店』店長さんインタビュー

バードモア

表参道駅から徒歩約7分。アクセス良好なおしゃれスポットの南青山に4月オープンしたばかりの鳥専門店『BIRDMORE(バードモア)南青山店』さん。こちらのお店で主に取り扱っているのは、鳥用品(おもちゃ/フード/ケージ)や雑貨、作家さんのグッズの委託販売。今回は、こちらのお店の看板鳥“ハロちゃん”とともに、店長さんへインタビューしてみました。また、専門店ならではのオリジナルグッズ満載の店内もご紹介します。

※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/584689

アクセス良好! 看板鳥の“ハロちゃん”はみんなの人気者♪

バードモア

お店は可愛いイラストの看板が目印です! 取材時は平日昼間にもかかわらず、鳥を愛してやまないお客さん達で賑わっていました。

バードモア

お店に入ると看板鳥のハロハロちゃん(愛称:ハロちゃん)がお出迎え。「アオメキバタン」という種類のハロちゃん(1歳)は優しい店長さんにベッタリ! 

バードモア

撮影しようとしたら驚かせてしまいました。ごめんよ……。

バードモア

おしゃべりも上手なハロちゃん。お客さん達にも大人気です!

店長さんインタビュー

看板鳥のハロちゃんに出会ってさっそく心を鷲掴みにされてしまった筆者。犬やハムスターとの生活経験はあるものの、鳥のことに関しては全くの初心者です。店長の木幡さんから、興味深いお話をたくさん伺うことができました。

――鳥さんの平均寿命はどれくらいなのでしょうか?

店長・木幡さん(以下、木幡):体の大きさに比例して伸びていきますね。小さい「セキセイインコ」だと大体15年くらいで、大きめの「オウム」だと50年くらいは生きます。よく飼われている「オカメインコ」も30年以上は生きますね。寿命が長いので、一度お家に迎えたら一生付き合っていけるというところも魅力の一つなのではないかと思います。世代を超えて家族で飼われているという方も多いですよ。

――かなり長いですね! 

木幡:そうですね。鳥は散歩なども必要無いので、一緒に年をとって高齢になっても飼いやすいというのも魅力です。1日1時間ほどお部屋に出してあげれば大丈夫なので、体力もそれほど必要ありません。あとは霧吹きなどで「水浴び」をさせてあげたりもしますね。自分で羽繕いもします。

――確かに、お風呂にいれないのに本当にキレイですよね。 
懐いてくれたりはしますか? 人見知りとかは……?

木幡:その子の性格にもよりますが、ヒナのころから育てられれば大体懐いてくれますね。あとは鳥種にもよります。人懐っこい傾向もあれば、人見知りしやすい傾向もあります。おしゃべりの頻度なども個体差がありますが、男の子の方がよく喋る傾向はありますね。

1 2 3 4次のページ
しゃむの記事一覧をみる
しゃむ

記者:

食いしん坊万歳!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。