体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バッテリー持ち重視の『GALAXY』最新機種『GALAXY S5』で『ウルトラ省電力モード』を徹底検証 バッテリーは何日持った?

バッテリー持ち重視の『GALAXY』最新機種『GALAXY S5』で『ウルトラ省電力モード』を徹底検証 バッテリーは何日持った?

外出時に残り少なくなると不安になるスマートフォンのバッテリー。最近では大容量バッテリーやバッテリーを長持ちさせる省電力機能が、スマートフォン選びで重視される要素になってきています。緊急時にバッテリーの消費量を50%に抑えてバッテリーを長持ちさせる『緊急時長持ちモード』に注目して、ガジェット通信は過去に『GALAXY J』『GALAXY Note 3』についてバッテリーの持ちを徹底検証しました。

バッテリーが7日半持つ驚異の結果に! 『S4』後継の最新型スマホ『GALAXY J』の『緊急時長持ちモード』を徹底検証
http://getnews.jp/archives/452581

“7日半持ち”をどれだけ超えるか? 『GALAXY Note 3』で『緊急時長持ちモード』を徹底検証
http://getnews.jp/archives/472160

ドコモからは5月15日に発売された『GALAXY』スマートフォンの最新機種『GALAXY S5』では、新たに『ウルトラ省電力モード』という省電力機能が搭載されました。こちらはもっと日常的に使うことを想定した省電力機能。実際にはどれぐらいバッテリーが長持ちするのでしょうか。ドコモから発売直後の端末をお借りして、その実力を検証してみました。

ぜいたくなスペックの最新『GALAXY』スマートフォン

GALAXY S5

『GALAXY S5』は、SAMSUNG電子のグローバルのフラッグシップとなるAndroidスマートフォン。OSにAndroid 4.4、2.5GHzのクアッドコアCPU、5.1インチのフルHDディスプレーを搭載し、4Kの動画撮影にも対応するパワフルな端末ですが、ここでは『ウルトラ省電力モード』に注目してレビューしていきます。

『GALAXY S5』のバッテリー容量は2800mAh。『GALAXY J』の2600mAhからわずかな容量アップに見えますが、ドコモが発表している「実使用時間」は65.0時間と、『GALAXY J』の55.0時間から10時間も向上。通常使用でもバッテリーの持ちが期待できそうです。

仕事や旅行先での使用を想定した『ウルトラ省電力モード』

ウルトラ省電力モード

『ウルトラ省電力モード』は、『緊急時長持ちモード』同様に画面の色調を灰色にしてディスプレーの消費電力を抑えるほか、画面をOFFにするとモバイルデータ通信をOFFにしたり、Wi-FiやBluetoothの通信をOFFにすることでバッテリーを長持ちさせるモード。

ウルトラ省電力モード

デフォルトで利用できるアプリは『電話』『SMS』『ブラウザ』『ドコモメール』の4種類のみに制限しており、下記のアプリ候補から2種類まで追加して利用できます。

・Twitter
・ボイスレコーダー
・メモ
・ChatON
・Google+
・時計
・災害用キット
・電卓

災害時での使用を想定している『緊急時長持ちモード』ではデフォルトで利用できたワンセグ、追加して利用できたカメラ、『Googleマップ』は利用できなくなっています。これは、災害時に必要な情報収集や連絡ができる『緊急時長持ちモード』とはコンセプトが異なり、『ウルトラ省電力モード』は「残りわずかなバッテリーを長持ちさせたい」「しばらく充電できないので長持ちさせたい」という日常的なニーズに対応するためと考えられます。想定できるのは下記のようなシチュエーション。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。