ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小米科技(Xiaomi)、世界初のTegra K1タブレット「小米平板(MiPad)」を正式発表、7.9インチ2,048×1,536ピクセルの高解像度パネルを搭載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国のスマートフォンメーカー 小米科技(Xiaomi)は5月15日、中国・北京で行われた新製品発表イベントで同社初のAndroidタブレット「小米平板(MiPad)」を正式に発表しました。MiPadは世界初のTegra K1タブレットになります。MiPadは、iPad mini Retinaモデルと同じ7.9インチ2,048×1,536ピクセルのシャープ/AUO製液晶パネルを搭載した小型のAndroidタブレット。OSはAndroid 4.4.xベースのMIUIをタブレット用にカスタマイズしたバージョンを搭載しています。筐体は狭額縁デザインを採用しており、片手でも掴みやすいものになっています。筐体サイズは202.1mm x 135.4mm x 8.5mm、質量は360g。8インチ前後のタブレットの中では比較的スリムで軽量です。カラバリはホワイト、イエロー、グリーン、ピンク、ブルーの5色。世界初のTegra K1タブレットとなる「MiPad」は192個のGPUコアを内蔵したTegra K1プロセッサ(32bit版)を搭載。CPU動作クロックは最大2.2GHz(クアッドコア)となっています。他にも、2GB/3GB RAM、16GB/64GB ROM、MicroSDカードスロット(最大128GB)、背面に800万画素カメラ(5層F2.0レンズ)、前面に500万画素カメラ(5層F2.0レンズ)、6,700mAhバッテリーを搭載し、Wi-Fi a/b/g/n/ac(2×2 MIMO)に対応するなど、スペックは非常に高い。MiPadの価格は、2GB RAM+16GB ROMバージョンが1,499元(約24,500円)、3GB RAM+64GB ROMバージョンが1,699元(約27,6700円)とリーズナブルです。MiPadの発売時期は公開されていませんが、6月上旬より中国国内でベータテストプログラム的な取り組みが実施されます。発売はそれ以降になると思います。Source : Xiaomi(Weibo)



(juggly.cn)記事関連リンク
ASUS Fonepad 7 LTEとLenovo Yoga Tablet 10 HD+が本日そろって発売
Huawei Ascend P7の欧州価格が判明
Android版Firefoxは近日中にChromecastに対応する予定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP