ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リンゴは英語でなんというか問題(メカAG)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

リンゴは英語でなんというか問題(メカAG)

「面接官「リンゴは英語で?」俺「アップル」面接官「平凡ですね」こんな時、面接のプロが模範解答を解説 2014年04月28日 『痛いニュース(ノ∀`)』
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1795179.html

俺だったらどう反応するかな…。「平凡ですね」と言われたら、とりあえず「期待に答えられず申し訳ありません」というしか。ただ面接の終わりに「参考までに先ほどの答えを教えていただけないでしょうか」とか言うかもしれない。まあ、その時精神的余裕が残っていればだが…。

同じような話に「理由を言え!」「実は…」「いいわけするな!」のコンボがある。でもこれは「理由の説明」と「いいわけ」は微妙に異なるので、まんざら間違いではない。状況説明と弁解は違う。

むろん「弁解してみろ」と言われた時は弁解すればいいのだけど、状況説明を求められた時に弁解が少しでもまじると、火に油を注いじゃうことはあるよね~。本人は弁解しているという意識がない事が多く、怒られた理由が分からない。

   *   *   *

基本的に「不可抗力だった」というニュアンスの話は、自分からすべきではない。淡々と状況を説明すればいい。んで「なんでその時適切な判断ができなかったんだ?」と問われた時は、「申し訳ありません」とか「考えが至りませんでした」とか、ひたすら謝るしかない。ここで「理由」を説明してしまうから、弁解になってしまう(苦笑)。

つまり理由を説明していい部分とダメな部分がある。「この先は特に客観的に正当化できる理由がない」というのが、怒ってる相手にわかればいいのであって、それを無理に説明しようとするから「そんなの理由にならん!」と逆鱗に触れる。そう、理由にならない説明しかできない場合は、説明を求められても説明しちゃダメ。

どうしてもいいたいときは「言い訳させてください」と、自分から宣言してしまうとか。そうすると相手は一応話し終わるまで聞いてくれるから、あとは「おまえはそれがいいわけだとわかってるんだな?」「はい、分かってます」と…まあ、こう上手く行けばいいんだけどw。

   *   *   *

なんでミスの理由を問いただすかといえば、再発を防ぐのもあるけど、客先やさらに上に弁明しなきゃならないというのがある。やっぱできれば自社の過失にはしたくない。なのでそのための情報が欲しい。正当化できる理由があれば聞いておきたい。できれば事を荒立てたくない。

それで理由を聞いてるのに、開口一番「自分は悪くないんです、相手が悪いんです」みたいなニュアンスの話が飛び出してくると、「フザケンナ」となるよね…。そんなことそのまま相手に言ったら事が荒立っちゃうだろwwww。

執筆: この記事はメカAGさんのブログからご寄稿いただきました。

寄稿いただいた記事は2014年05月12日時点のものです。

寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP