ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NHKに偶然映り「地震なんかないよ」と言った東森美和の謝罪会見が大荒れ 最後には宣伝を流す始末

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

5月5日の早朝にNHK総合の表参道の街中の光景に映った一人の女性。その女性はカメラを指さし「地震なんかないよ」と叫んだのだ。それが話題となり即座にネット上で拡散。しかしそこで終わらなかった。なんとその女性はタレントの東森美和さんであることが判明。
東森美和さん自身もアメブロで謝罪を行い、更に5月11日22時より『ニコニコ生放送』にて謝罪会見が行われた。

しかしその謝罪会見生放送が大荒れなのである。40分近く行われた会見は終始荒れており、途中で途切れる場面や音声にノイズが乗るなどとにかく酷い。冒頭では誠実な謝罪とその経緯説明が行われる。『ニコニコ生放送』のコメントを拾いながらその質問に答えており「生まれて一度もタバコを吸ったことがない。隣に居た人のタバコを代わりに持っていた」「キスをしていた事実はない」という説明が行われた。
また地震については地下に居たので気付かなかったという。

しかし問題は生放送主謝罪会見が終わってからである。謝罪会見のはずなのに、終わった途端に宣伝動画が流れ始めたのだ。とても謝罪会見とは思えない衝撃のラスト。売名もここまで来ると笑えてくる。

コメントも「今日一番ワロタwww」「はいつられましたー」「なめすぎだろ」「不買運動おこるぞw」「清々しいくらいのgm」と宣伝逆効果である。
まさかこれで宣伝効果が得られると思ったのだろうか……。炎上マーケティングとはよくいうがこれは失敗例ではないだろうか。前半の謝罪も全部台無しである。

東森美和 説明会見

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP