ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エロゲー会社が激怒! 「重大な著作権侵害行為」で警視庁に相談中

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

人気のアダルトゲーム(いわゆるエロゲー)を多数発売している『ういんどみる』。運営は有限会社アレスが行っているものの、『ういんどみる』というアダルトゲームブランドを立ち上げて活動している。

そんな『ういんどみる』が、公式サイトに『弊社製品への重大な著作権侵害行為について』というタイトルで速報を掲載し、インターネット上で大きな話題となっている。詳細は語られていないものの、なにやら物騒な話のようである。その速報の内容は以下の通り。

<弊社製品への重大な著作権侵害行為について>
「平素より弊社製品をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。このたび発生しております弊社製品への重大な著作権侵害行為につきまして、現在所轄の警察署である『警視庁 目白警察署』ならびに『警視庁 ハイテク犯罪対策総合センター』へ相談を行い、対策協議中である事をご報告申し上げます。皆様には大変ご心配をお掛けしておりますこと、深くお詫びを申し上げます」(引用掲載)

ほかにも「もし、本件に関する情報をお持ちの方は、弊社までご一報いただけますよう、よろしくお願い申し上げます」と情報提供を呼びかけていることから、現在も状況を把握するために情報収集をしている最中のようだ。

インターネット掲示板『2ちゃんねる』でも大きな話題となっており、『フラゲ→即P2Pに放流→メーカー激怒、エロゲ割れ豚完全終了のお知らせ』というタイトルのスレッドが作られている。

そこでは、「そら発売日前に流されたらブチ切れるわ」、「P2Pで著作権物をやり取りしてる奴は根こそぎ豚箱にブチ込め」、「今回のは5日前くらいに放流されてたみたいだから流石にメーカー動いたんだってな」などの書き込みがされていることから、発売前にゲームソフトのデータがインターネット上に流出し、誰でもダウンロードして遊べる状況になっていた可能性が高い。

フライング流出にしても違法コピーにしても、自分の人生を台無しにしてしまう行為である。もし発売日前にデータを見つけたとしてもダウンロードせず、メーカーに伝えるようにしよう。

画像: ういんどみる公式サイト


■最近の注目記事
【漫画業界裏話】週刊少年〇〇〇〇編集部に入った泥棒
これは癒やされる♪ 猫が人間の幼児をあやす動画
ゲームクリエーターがセガ新作ゲームに失望「あれ封印」
若い娘のミニスカートが短すぎで危険「パンツ見えるだろ!」
末期ガンだと嘘をついていたブロガーが謝罪し炎上!

apo mekhanes theosの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP