体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ヤフーとディー・エヌ・エーが提携し巨大ゲームSNS『Yahoo!モバゲー(仮称)』誕生へ

ヤフーとディー・エヌ・エーが提携で記者発表

ヤフーとディー・エヌ・エーは、ソーシャルゲーム分野で提携し、ことし晩夏ごろパソコン(PC)向けゲームSNS『Yahoo!モバゲー(仮称)』を立ち上げると発表しました。月間2400万人以上がアクティブユーザーである『Yahoo! JAPAN ID』、ディー・エヌ・エーが運営する会員1800万人超のSNS『モバゲータウン』の両者のユーザーをベースに、ゲームに特化した巨大なSNSが誕生することになります。

2社は4月27日にヤフーで記者発表を開催し、提携内容や今後のスケジュールについて説明。今後国内で市場の拡大が見込まれるソーシャルゲームの分野で、30代以上のPCユーザーまで含む幅広い層のユーザーを獲得し、アイテム課金と広告により収益を上げていく考え。収益は2社で分配し、ゲーム開発者へも還元していきます。

両者の役割分担は、ヤフーがポータルサイト『Yahoo! JAPAN』やゲームポータル『Yahoo!ゲーム』などの媒体を使って新サービスをプロモーションしていき、『Yahoo! JAPAN ID』によるログイン認証と『Yahoo!ウォレット』による課金サービスの決済手段、広告エンジンを提供。ディー・エヌ・エーは新サービスの企画・運営、『モバゲータウン』ユーザーの新サービスへの誘導、自社ゲームのPC版への移植などを手がけていきます。

サービスとしては『モバゲータウン』のPC版に『Yahoo! JAPAN ID』を利用するもの、というイメージのようですが、将来的には同じゲームを通勤・通学時間には携帯電話で遊び、帰宅した後はPCで遊ぶなど、生活シーンに合わせてどちらのプラットフォームでも利用できるゲームを提供していく考え。

ヤフーにとっては「今まで弱かったヒマつぶし系サービス、ソーシャルなサービスを強めていきたい」(ヤフー代表取締役社長の井上雅博氏)、ディー・エヌ・エーにとっては「『モバゲータウン』の爆発的な成長を牽引したソーシャルゲームを、これまで持っていなかったPCベースへ展開していきたい」(ディー・エヌ・エー代表取締役兼CEOの南場智子氏)と、お互いに弱点を補い合っていくことになります。

海外の『Facebook』『mySpace』では、もともとSNSが抱えていた膨大な数のユーザーにソーシャルアプリを提供し、その中でも特にソーシャルゲームが成功を収めるという構図でした。『mixi』が提供する『mixiアプリ』でも同様のことが言えます。今回の提携は、“ゲームに特化した巨大SNS”を新たに作ることから、より特徴あるサービスが生まれる可能性が高そうです。ソーシャルゲームにはピンと来なかったゲーマーにも、魅力あるソーシャルゲームが生まれることに期待したいですね。

今後のスケジュールは、5月中旬以降にパートナー向けの説明会を開催。初夏以降パートナーに開発環境の提供を開始し、晩夏ごろ新サービスを提供する予定です。

■関連記事
総額3億円!ソーシャルアプリ開発者を支援する『アプリやろうぜ!』キックオフカンファレンスレポート
「日本からも世界へ発信していく」—-『サンシャイン牧場』のRekoo社が日本法人設立で会見
【mixiアプリ】大ヒットの予感?!『みんなで暮らそう!ひつじ村』

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。